さて、2月3日といえば節分ですね。

厳密には、立春の前日が節分なので、日付が変わることもありますが…

近年では、節分に恵方巻きを食べると言う習慣が、一般家庭にも定着してきたように思います。

かくいう筆者も、毎年、節分には恵方巻きをに食べています。

まぁ、筆者の場合は、

『こういう時でないと、恵方巻きが店頭に並ばないため』

という、本来の目的とはかけ離れている理由からなのですが…。

そんな恵方巻きですが、食べ方などの決まりについては、

「よく知らない!」

という方も多いのではないでしょうか?

そこで、当記事では、恵方巻きの食べ方、その由来といった情報について、紹介していきます!

スポンサーリンク

 

恵方巻きの名前の由来を紹介!

恵方巻き2

いつの間にか、節分のイベントとして、世間一般に定着していた恵方巻き。

そもそも、一体どういうものが『恵方巻き』と呼ばれるものなのでしょう?

「そう言われてみると…」

と、気になったりしませんか?

恵方巻きの大きな特徴としては、7つの食材を巻いて作るというものがあります。

なんでも、七福神になぞらえて、7つにしたのだそうです。

たしかに、七福神と聞くと、なんだか縁起がよさそうな感じがしますよね。

「7」という数字も、ラッキーセブンと言われるように、一般的には縁起が良い数字です。

ただ、この7つの食材というのは、明確な決まりがあるわけではないそうで、最近では、恵方巻きの食材数も7より少なかったり多かったりと、実に様々らしいです。

「末広がり」の「8」つの食材が本来の恵方巻き、という説もあったりします。

まぁ、こういった説は、後付でドンドン意味合いが変わっていくものですから、また数年後には、違う諸説が出てきているかもしれませんね。

さて、そんな恵方巻きですが、時代としては、いつ頃から食べる習慣があったのでしょうか?

節分と言えば、もともと豆撒きなどが行われていました。

こちらは昔も今も、メジャーな行事になっていますよね。

近年では、「鬼」役の学校などの先生に、

「鬼はそと、福はうち」

と言いながら、豆を投げつける、というようなイベントが、こども園や学校などで行われています。

では、恵方巻きはどうだったのでしょう?

実は、恵方巻きというイベント自体も、大阪あたりを中心に、習慣として古くから行われていたそうですよ。

その頃は、恵方巻きという名前もなく、ただ単に、節分で太巻きを食べるという習慣として親しまれていたのみですが…。

ちなみに、この恵方巻きの習慣は、江戸時代くらいから行われていたそうで、厄払いや商売繁盛を願う習慣として食べていた、と言われています。

しかし、戦後あたりになると、残念ながら、この恵方巻きの習慣は廃れてしまったそうです。

そんな忘れられてしまった習慣に目をつけ、この太巻きに『恵方巻き』と名づけ、改めて世間に流行らせた、とされている企業がありました。

それが、コンビニエンスストア最大手のセブン・イレブン

セブンイレブン

恵方巻きという名前の由来、言葉を作ったのは、あのセブン・イレブンだったのです!

筆者は、『恵方巻き』は、あくまでも『恵方巻き』という名前で、昔から親しまれていたと思っていただけに、この事実を知ったときは意外でした。

恵方巻きのことを筆者と同じように思っていた人は、多いのではないでしょうか?

その後、恵方巻きは、企業戦略のひとつとして、セブン・イレブン以外のコンビニやスーパーで積極的に売り出され、全国的に広まることになり、現在に至ります。

企業戦略によって広まった恵方巻きという習慣…

なんだか、バレンタインデーやホワイトデーを彷彿とさせますね。

 

恵方巻きの食べ方のルール作法を紹介!

考える男性

企業戦略によって、時を経て復活した恵方巻きですが、食べ方には、何か決まりごとやルールがあるのでしょうか?

これもみなさん気になりますよね。

そんな恵方巻きの食べ方ですが、ずばりそれは……

・恵方を向き、目を瞑る

・心の中でお願いごとを唱えながら食べる!

・食べ終えるまでは無言

というのが、恵方巻きの食べ方のルールです。

また、恵方巻きを食べる際に、してはいけないこと、というのもあるそうですよ。

NG行動の1つが、恵方巻きを食べやすいように切ってしまうこと。

太巻きが長いままの状態で食べることに恵方巻きの意味があり、その意味というのが、

「縁が切れない」

ということ。

それを切ってしまうということは……

そうです、逆に縁が切れる、ということを意味するのです。

良いご縁が切れないよう、多少しんどく感じても、恵方巻きは切らずに食べることを心がけてみてください!

 

2017年の恵方巻きの方角(恵方)はどっち?

指を指す男性

恵方巻きといえば、忘れてはならないことがあります。

それは恵方についてです。

恵方というのは、その年の幸運を呼ぶといわれる、縁起のいい方角のことを意味します。

そして、その方角は毎年変わるとのこと。

では、2017年の恵方は、どの方角になるのでしょうか?

ずばり…

北北西とちょっと右

です。

ちょっと右、というのは、恵方が陰陽道に基づいて定められているため、現在の方角とは微妙に位置がずれてしまうからなのです。

北北西とちょっと右というのは、下の図でいう、『壬』の方角が近いです。

2015年の恵方
(出典)みんなの知識 ちょっと便利帳 地図で調べる今年の恵方

……とはいっても、コンパスなどを持っていない限りは、しっかりとした方角はわからないものですよね。

日常生活では、まず方角なんてあまり気にしませんし、趣味で風水などに知見がないと、日の昇る方向と、沈む方向くらいしか、方角の目印がありません。

「どうせ恵方巻きを食べるならば、縁起を呼び込みたい!」

そんな方には、正確な方角をちゃんと調べておくことをおすすめします。

最近では、スマートフォンのアプリでコンパスなどがあるそうですし、手軽に方角を確認することができます。

恵方巻きを食べるなら、ぜひアプリなどを駆使して、正確な恵方を知っておいてくださいね!

 

まとめ

恵方巻きの2017年の恵方や、恵方巻きの名前の由来などについてご紹介しました。

恵方巻きと呼ばれるようになったのは、ごく最近のことで、セブン・イレブンが名付け親ということには、筆者も驚かされました。

筆者は、物心ついたころから、恵方巻きを毎年食べていた気がするだけに、この事実は意外としか言えません。

まだ、恵方巻きが全国的に広まって10年するかしないかの期間しか、経っていないのですね。

逆に言えば、それだけ恵方巻きが、季節のイベントとして定着したということでもあります。

なんだか、うまく企業戦略に乗せられてしまった気がしますが、恵方巻きはおいしいですし、節分の時期にしか食べらず季節感も感じられますから、まぁ良しとしましょう。

2017年は、恵方巻きの作法を実践しながら、ひたすら無言で、恵方巻きを食べたいと思います!