みなさんは、『竹内文書(たけうち もんじょ)』という本をご存知でしょうか。

なんとも無茶苦茶というかハチャメチャというか、凄いとしか言いようのない内容の奇書中の奇書が、この竹内文書なのです。

今回は、この『竹内文書』と、それにまつわるスピンアウト本の世界を、ご紹介させて頂きます。

但し、一つだけご注意を!

『竹内文書』は、内容があまりにも奇天烈な本なので、頭がこんがらがってしまうかもしれません。

そんな不思議な竹内文書ですが、当記事で、一応まとめてみました!

スポンサーリンク

 

竹内文書とは?その内容は竹内巨麿の嘘?

竹内 img_4

この日本には、古史古伝、あるいは偽史と呼ばれる文書群があります。

虚構による歴史書とでも言うべきか、それまでの学術的、一般的常識とはかけ離れた、簡単に言えば非常に飛躍した論理と内容による、「とんでも説」による文書が、古史古伝、または偽史と呼ばれるのです。

無論、古史古伝の全てが、とんでも説というわけではなく、まっとうなものも数多く存在しますが、やはり読んで面白いのは、まっとうでない方の文書です。

ちなみに、稀代の伝奇SF作家・半村良の初期の名作で、『黄金伝説』という小説がありますが、これは『東日流外三郡誌(つがるそとさんぐんし)』や、日本のピラミッド伝説などをモチーフにしたものです。

古史古伝や偽史には、『上記(うえつふみ)』や、先ほど名前を出した『東日流外三郡誌(つがるそとさんぐんし)』『富士文献』『天津教古文書』『秀真伝(ほつまのつたえ)』『徐福文献』などがありますが、その代表格が、『竹内文書』なのです。

『竹内文書』の内容は、古代日本の成立から天皇家の歴史に触れられており、かなり自由奔放に書かれているどころか、世界史の常識をぶち壊したような、かなり奇天烈なものになっています。

では、『竹内文書』の内容を、簡単にご紹介いたしましょう。

「神武天皇以前の天皇家として『上古25代』、『不合朝(あえずちょう)73代』(73代目は神武天皇)があり、さらにそれ以前には、『天神7代』があった。

古代には五色(黄赤青白黒)の人が住んでおり、世界の中心は日本だった。 

それ故に、キリストもモーゼも日本に渡来し、日本で亡くなったのである。 

キリストやモーゼに限らず、釈迦その他世界の大宗教の教祖はすべて日本に渡来し、天皇に仕えた。

キリストはゴルゴダの丘で亡くなったのではなく、弟が身代わりになったのである。

また、キリストの日本名は五十鈴彦(イスズヒコ?)である。

ピラミッドは日本にも存在し、天皇はそこから『天の浮舟』(あめのうきふね)に乗り、全世界を飛行して世界を治めた。 その中にはムー大陸や、アトランティス大陸も含まれている」

以上が、『竹内文書』の内容です。 

なんと言うべきか、もはや言葉がありません。

この内容をどう受け取るのかは、読む人の自由です。

文字通り受け取るもよし、文言の裏の意味を探るもよし、SFのフィクション、または単なる嘘として受け取るもよし、なんでもありですね。

とはいえ、この『竹内文書』の内容を全て史実とするには、あまりにも無理がありすぎます。

問題点をいちいち取り上げるまでもなく、無理というより無茶、論理的な破綻ばかりですね。

ほんの一例を上げれば、神武天皇以前の天皇家についてですが、竹内文書によれば計105代あったことになります。

神武天皇の時代は紀元前660年頃とされていますが、天皇の系譜は一代30年としても神武以前に3000年以上、つまり紀元前4000年頃からとなります。

現代から6000年以上前の事です。

6000年前というと、時代的には旧石器時代に近く、縄文時代の初期あたりでしょうか。

古代エジプトやシュメールでさえ、5000年前のものなのです。

それより遙かに古い時代の詳しい記録が文書として、いや、口伝としてでも、残るものでしょうか?

ちなみに、この『竹内文書』の発見者は、竹内巨麿(たけうち きょまろ)という人物です。

竹内巨麿は権大納言・庭田重胤(しげたね)の私生児とされていて、後に神官の竹内家の養子となります。

この『竹内文書』の発見のされ方が、風変わりというか、奇妙なきっかけによるものなのです。

ある日、竹内巨麿が天井裏の掃除をしている時、天井裏からバサリと一冊の古文書が落ちてきました。

それがほかでもない、『竹内文書』だったわけです。

あまりに素っ頓狂な話で、ため息が出てしまいます。

竹内巨麿という人物は、かなり偏執狂的な一面があったようで、ある時、食事に出された鯖の味噌煮がいたく気に入り、その後、47日間連続で鯖の味噌煮「だけ」を食べ続けたそうです。

結局、発見後かなり経ってからですが、『竹内文書』に書かれている天皇の記述その他に問題があるとして、竹内巨麿ら数名が、不敬罪や詐欺罪で逮捕されてしまいました。

これが、天津教弾圧事件というもので、1930年と1935年のことです。

この事件は、結局無罪となったのですが、その際に押収された古文書類は、戦災による焼失その他で、戻ってこないものが多数あったと言われています。

そのため、古文書類の原本は、(都合の良いことに)この世に存在しなくなってしまったのです。

 

竹内文書にはスピンオフ本がある?

驚く男性

当時、何かと話題になったからか、『竹内文書』にも、スピンオフ本というものが存在しているらしいです。

そこでまず、ノンフィクションとフィクションの関係についてご説明しますね。

ノンフィクションと、フィクションの関係を語る場合、『空とぶ円盤』シリーズの著者「ジョージ・アダムスキ」が好例です。

当初(1960年頃)、『空とぶ円盤』が刊行された時には、完全なノンフィクション(実録)とされていました。

しかし、アダムスキが亡くなると、彼の置手紙が発見され、それによると、

「私はこれをフィクションとして書いたのだが、出版社の要請によりノンフィクションとした」

と書かれていました。

全てを上層部が決めてしまうというのは、どの業界でも変わらないようですね。

ちなみに、筆者がこの『空とぶ円盤』シリーズを読んだのは、中学の頃だったと記憶しておりますが、さすがにすぐに、

「これはフィクションだ!」

と思いました。

書かれている内容が、あまりにも常識からかけはなれていますし、文中に挿入されている空とぶ円盤の写真と称するものが、稚拙そのものだったからです。

その自称『空とぶ円盤』の写真は、スープ皿の下にピンポン球を3つほど取り付けたようなもので、おそらくは、実際にスープ皿とピンポン球を撮影して細工したものと思われます。

『空とぶ円盤』とは、その当時の呼称で、現在は『UFO』の方が一般的ですね。

そして、アダムスキの『空とぶ円盤』シリーズがヒットすると、それに便乗するような内容の本が、多数発行むされるようになりました。

これと同様に、『竹内文書』が有名になると、それに便乗したように、『竹内文書』の別バージョン、または竹内巨麿説に新しい要素を付け加えた新説などが発表されました。

『竹内文書』のスピンオフ本には複数の系統があり、竹内巨麿が公表したものは偽物だとか、日本の超古代文明が世界中に広がっていたとか、様々なものがあります。

ロスチャイルドと、天皇家が手を組んでいた、というものもありますし、モーゼの十戒には裏バージョンがあるというものもあります。

さらには、正統な竹内家には極秘の口伝があり、それにはキリスト伝説もあるとか、キリストの日本名は「八戸太郎天空」であるとか、果ては日本ユダヤ同祖説どころか世界同祖説、ピラミッドに関する口伝もあります。

まさしく完全に何でもありの世界ですね。

 

まとめ

ここまで、『竹内文書』の内容や、偽史の歴史を探ってきました。 

古史古伝や偽史の類は、本当のようなつもりで読めば大変面白いものですが、内容全てを信用して、他人に吹聴したりするのは、おすすめできません。

「なんか変人がいる…」

と、周りから避けられてしまうおそれがあるからです。

『竹内文書』を娯楽程度として読むのは結構ですが、それを信じ込むのはくれぐれも控えましょう。

本当に信じたいのであれば、その根拠などを探求し、事実の裏付けを行ったうえで、お願いします。