ベラルーシのWargaming.net社が開発したオンライン戦車ゲーム「World of Tanks」(略称:WoT)が、ついにPS4でもプレイできることとなりました。

このWoTというゲームは、当初はPC用のみとして開発され、PC版は、2010年8月12日にロシアでオンラインサービスを開始、その後、欧米でもプレイ可能となりました。

WoTのゲーム機用としては、まずXBOX版でサービスが開始し、そして今回のPS4版のリリースとなったわけです。

Wargaming.net社の日本法人ウォーゲーミングジャパンは、PS4版『World of Tanks』(WoT)の正式サービスを2016年1月20日(水)より開始すると発表しました。

これによりPS4とPlayStation Networkアカウントがあれば、誰でも『基本的には』WoTを無料でプレイできるようになるわけです。

そこで当記事では、WoTのPS4版のリリースに伴い、PS4版ならではWoTの変更点や、特典などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

 

『World of Tanks』(WoT)とはどんなゲーム?

WoT

「World of Tanks」(略称:WoT)とは、複数のプレーヤーがそれぞれ自身で戦車を操縦し、敵戦車の撃破や、陣地の占領を行う、マルチプレーヤーのオンラインゲームです。

特徴としては、単純な操作で複雑なことが出来るというのがポイントですね。

又、WoTのゲームの目的や、進行方式に数多くのバリエーションがあり、何度でも飽きずにプレイできるのも、大きな特徴の一つです。

更には非常に精細なグラフィックで、戦車の外見も内装もしっかりと作り込まれているので、それだけでも戦車マニアには一見の価値が充分にあります。

WoTでは、各戦車の諸元などの特徴も正確に再現されており、装甲・主砲は勿論のこと、視界や通信機能に至るまで、綿密に戦車が設定されております。

もう一つ、PS4版の特徴としては、PC版WoTでは、MOD(ユーザーによるゲームの改変や、新規要素の追加などをさす言葉)に対応しておりますが、恐らくPS4版では、これらのMODは使用出来ないものと思われます。

『World of Tanks』(WoT)のPS4版での変更点は?

WoT

この記事を書いている時点では、PS4版WoTは未だリリース前であり、詳細なWoTのスペックについては不明ですが、PS4版は、PC版とはかなりの変更点があるようです。 

PC版とPS4版で変更点がある理由としては、PC版はユーザーの数だけ、対応しなければならないハードがあるわけです。 

全てのユーザーがハイエンドPCを使っているわけではありません。

低い、或いは普通スペック程度のPCを使用している率の方がずっと高いでしょう。

そのようなわけで、WoT開発メーカーとしては低スペック、或いは普通スペック程度のPC利用者を標的を絞らざるを得なくなります。

そのためWoTに最高度のグラフィックを導入することは、かなり困難です。

しかし、PS4のようなゲーム機では、ハードのスペックは2~3種しかなく、容易にターゲットを絞り込むことができますので、HD品質のグラフィックや高度なグラフィックエフェクトを使用することが可能となるのです。

そのため、PS4版ではPC版よりも高度なグラフィック効果が期待できるでしょう。

これはグラフィックに重点を置くユーザーにとっては、かなり大きな変更点といえるのではないでしょうか?

WoTのPS4版での解像度とフレームレートは、1080と30fpsになる予定です。 

PS4版とXBOX版とでは、ゲームとして基本的な機能はほとんど同じになる模様ですが、PS4版のWoTでは新マップが2枚追加され、その内の一つは「スコーピオンパス」という名前になるそうです。 

これもやはりゲームプレイヤーからすると、大きな変更点ですね。

それと、残念ながら、PS4版WoTで、PC版やXBOX版のユーザーと一緒にプレイする、いわゆるクロスプラットフォームは不可能らしいです。

又、XBOX版のプレイ情報(アカウント情報)をPS4版で使用することも、できないとのことです。(逆の場合も同様です)

PS4版WoTがクロスプラットフォームとならないことからも、アカウント名については、XBOXなどと同じものを使用することは可能なようです。

PS4版のWoTゲームの内容は、XBOX版とは若干異なるようですが、これはバージョンによるものでしょう。

PS4版WoTが、XBOXと同じバージョンになるには、6ヶ月程度の時間が必要との情報がありました。

ただ、PS4版WoTがXBOX版に追いついた時点で、すでにXBOX版は、更に新しいバージョンになっている可能性もありますが・・・

又、WoTのPSVita版への移植については、今の所、予定はないとのことです。

『World of Tanks』(WoT)のPS4ユーザーへの特典は?

WoT-PS4

PS4ユーザーにとっては、World of Tanks(WoT)PS4版での特典が気になる所です。 

このPS4版WoTの特典に関する全ての情報は、未だ出揃ってはいないようですが、現時点で判明している特典は以下のようなものです。

PS4版WoT特典1 ガールズ&パンツァー関連

PS4版WoTには、ガールズ&パンツァー関連のコンテンツが提供されるようです。

しかし、具体的にどんなコンテンツになるかは、まだ発表されておりません。

ガルパンファンの方にはさぞ待ち遠しいことでしょう。

PS4版WoT特典2 PlayStation Plus アカウント所有者関連

PS4独自のプレミアム車両、3日間のプレミアムアカウントといった特典と、後に実施予定の特別セールにも参加できるとのことです。

2016年1月20日から1月31日の間にPS4版『World of Tanks』(WoT)をプレイすると、「PlayStation 20周年記念 アメリカ軽戦車T1E6(プレミアム車輌)」がプレゼントされる

という情報が出回っていますが、これが「PS4独自のプレミアム車両」ということなのでしょう。

PS4版WoT特典3 新マップ関連

先ほど、上で紹介しましたが、2枚の新追加マップも、PS4ユーザーだけの特典と言えるでしょう。

PS4版WoT特典4 日本語関連

PS4版WoTでは、日本語のIMEに対応、日本語でのチャット入力が可能となったようです。

更には日本語のボイスも予定されております。

このPS4版WoTでの日本語対応は、日本のWoTユーザーにとっては、最も大きな変更点でもあり、嬉しい特典でもあります。

WoTは、これまで英語(又はその他の外国語)でプレイするしかなかったのですから、メッセージもボイスも日本語でプレイできるということは、非常にありがたいことですね。

もっとも日本で発売されるPS4のゲームであるにも関わらず、

「このゲームは日本語には対応しておりません。英語でプレイしてください。」

と言われれば、ユーザーはこぞって石を投げつけるでしょうけど。

『World of Tanks』(WoT)のPS4版は本当に無料?

次にPS4版WoTが無料でオンラインプレイできるかどうかですが、PlayStation Networkアカウントを所持していれば、PS4版WoTは、『基本的には』完全に無料でプレイできます。

ここで重要になるのが、

『基本的には』

という点です。

確かにWorld of Tanks「自体」は完全に無料でプレイできます。

しかし、WoTにも「課金」という制度があるのです。

これは、WoTのゲーム内で特殊な付加価値のある課金戦車や装備などの購入、あるいは通貨である「ゴールド」を購入する時にかかる実際の費用です。

もちろん、この課金制度を使用しなくても、PS4版WoTのプレイは充分可能ですが、ゲームにのめりこんでプレイすればするほど、これらの特殊なアイテムが欲しくなってくるのは、もっともな話でしょう。

とはいえ、無計画に欲しいものを全て買ってしまったりすると、のちのち請求書が自宅に届いた時に泣きを見ることになりますので、WoTの課金には充分ご注意を!

このWoTの課金制度については、こちらのサイトで詳しく解説されておりますので、気になる方は参照してみてくださいね。

おわりに

以上、World of Tanks(WoT)のPS4版の情報をご紹介してまいりました。

PS4版WoTの正式なリリースバージョンは未だ出てきておりませんが、Beta版は、2016年1月8~11日の4日間限定でオープンされました。

残念ながら既に期限は過ぎておりますが、WoTの接続者は全世界で13万人に達するという盛況ぶりだったそうです。

PS4版WoT独自の変更点もかなりありますし、その点だけ見ても注目すべきものがあります。

また、PS4版WoTだけの特典も数々あり、開発メーカーとしても日本語への対応にはかなり注力しているようで、日本語でのチャットも可能、日本語のボイスも追加予定とのことでしたね。

最後にくどいようですが、このWoTはプレイ自体は完全に無料ですが、課金制度もあるということをお忘れなく。 

課金制度を利用される場合は、計画的に無理なく無駄なく、使用されることをお勧めいたします!