第35回となる『大阪国際女子マラソン2016』が、2016年1月31日に開催されます。

実際のマラソンのスタートは、12時10分を予定しており、テレビ中継は、関西テレビをキー局として「フジテレビ系列」で中継される予定です。

さて、今回の大阪国際女子マラソン2016は、リオデジャネイロオリンピック代表の選考レースでもあり、日本人選手の活躍が注目されております。 

はたして日本人選手としては誰が優勝候補なのか、タイムはどの位か、そしてオリンピック代表は誰が選考されるかなどなど、見所の多いレースになりそうです。

そこで今記事では、大阪国際女子マラソン2016の注目選手を中心に、優勝候補やオリンピック代表選考タイムなどについて紹介していきます!

スポンサーリンク

 

大阪国際女子マラソン2016の注目出場選手一覧とタイム!

大阪国際女子マラソン

大阪国際女子マラソン2016の『招待選手』のベストタイム順に以下の一覧のようになっています。カッコ内は、年齢です。

重友梨佐 (28) 天満屋 2:23:23
福士加代子 (33) ワコール 2:24:21
渡邊裕子 (28) エディオン 2:25:56
小﨑まり (40) ノーリツ 2:23:30
アツェデ・ハブタム (28) エチオピア 2:24:25
カロリナ・ナドルスカ (34) ポーランド 2:26:31
カプチッチ・セリー・チェピエゴ (30) 九電工 2:26:43
金成恩(キムソンウン) (26) 韓国 2:27:20
ビトゥリス・ジェプケンボイ
トロイティッチ (34) ケニア 2:27:41
堀江美里 (28) ノーリツ 2:27:57
竹中理沙 (26) 資生堂 2:28:09
ディアナ・ロバチェブスケ (35) リトアニア 2:28:57
城戸智恵子 (25) キヤノンAC九州 2:29:08

この他にも大阪国際女子マラソン2016には、『ネクストヒロイン枠』として以下のような選手が出場予定になっています。

加藤岬 (24) 九電工 1:09:49(ハーフ)
福内櫻子 (22) 大東文化大 1:11:44(ハーフ)
阪田愛子 (21) 立命館大 1:14:08(ハーフ)
永岡真衣 (22) 大阪学院大 1:15:08(ハーフ)
床呂沙紀 (21) 関西外国語大 0:33:44(1万メートル)
宇都宮恵理 (22) 大東文化大 0:33:59(1万メートル)

以上の有力選手に加えて、マラソン競技歴が、10年を超える大ベテランも多数、大阪国際女子マラソン2016には参加しております。 

渋井陽子選手や福士加代子選手、それに小﨑まり選手のようなベテラン勢が、果たしてどのような活躍を見せるのか、そのあたりにも期待されるところです。

尚、一番期待されていた若手のホープ・前田彩里選手は、故障のため大阪国際女子マラソン2016は、出場を回避するということになりました。

今大会で出場していれば、当然優勝候補の一人だったところですから、これは大変残念ですね。

 

大阪国際女子マラソン2016の優勝候補は誰?

大阪国際女子マラソン2016における日本人の優勝候補筆頭としては、やはり重友選手と福士選手でしょう。

重友梨佐
重友梨佐

実績と実力から見ても、今大会の優勝候補にふさわしい選手です。

大阪国際女子マラソン2016には、とくに強力な外国人選手は出場していないので、日本人選手の優勝の可能性は、いつもよりもかなり高そうです。

外国人選手の優勝候補としては、ハブタム選手(エチオピア)や、チェピエゴ選手(ポーランド)の名前が上げられております。 

他にもナドルスカ選手など、比較的良いタイムを持つ選手が何名か出場予定なので、これらの選手が日本人選手とどう戦うか、片時もテレビから目が離せません。

伏兵としては、加藤岬選手や竹中理沙選手の名も挙げられていて、彼女らにも注目されるところです。

竹中選手は、子供の頃はクラシックバレーを学んでいたそうで、マラソン選手としては変わり種ですね。

筆者からみた最有力の優勝候補は、やはり重友選手ではないでしょうか。

大阪国際女子マラソン2016の出場選手中でのマラソン最高タイムをもっており、最近の調子が良いことが、イチオシする理由です。

リオオリンピック代表は、既に伊藤舞選手が、最初の出場切符を手にしており、残る枠は2名ですが、この大阪国際女子マラソンで、その切符を獲得する選手が現れるのでしょうか?期待して見ていたいですね!

大阪国際女子マラソン2016で基準タイムを上回るのは誰?

悩む女性

女子のオリンピック選考基準タイムは2時間22分30秒とされており、大阪国際女子マラソン2016でも、それを巡る争いになりそうです。

しかし、実は出場選手の中で、その記録をクリアしている選手は、一人もおりません。

タイムは、当日の天候にも大きく左右されますので、こればかりは予想しがたいところですが、大阪国際女子マラソンのコースは、フラットであることから、比較的好記録の出やすいコースとして知られています。

それでも、選手たちの持ちタイムからみて、大阪国際女子マラソン2016のレースで、オリンピック選考基準タイムを上回るのは、困難と予想されています。

重友選手や福士選手、或いは竹中選手や堀江選手が、ぜひオリンピック選考を目指して良い記録を残してくれることを期待しましょう!

 

まとめ

ここまでみてわかるように、優勝者、タイム、オリンピック代表選考と、大阪国際女子マラソン2016は、注目するべき点が多いレースとなります。

とくにマラソン愛好者にとっては、見逃せないレースとなりそうですね。

マラソンのタイムの面では、好記録の出やすいフラットなコースなだけに、各選手が実力の力を発揮し、意外性のあるタイムが出るかも知れません。

また、意外な選手の意外なタイムにも期待しつつ、リオデジャネイロオリンピック代表の選考レースとして、その熱いバトルを楽しみましょう!