モンスターハンターシリーズ。(以下モンハン)

それは、プレイヤーが『ハンター』となり、村人や王族などから寄せられてくる依頼(クエスト)をクリアすることで進行していくゲームです。

モンハンにおけるハンターは、様々なフィールドに放り出され、美しく荘厳な景色をバックに、アイテムを採取。

また、強力なモンスター達と会いまみえ、対峙することになります。

初代モンハンが発売された当時から、高いアクション性と絶妙な難易度、モンスターのデザインやバックボーンなどが評価され、キラータイトルとして注目されます。

その後も発売されたモンハンシリーズ作品は、いずれも大ヒット。

このゲームがきっかけで『ハンティングアクションゲーム』というゲームジャンルの言葉が生まれ、今では子供から大人まで幅広い層に親しまれる作品となっています。

そこで今記事では、シリーズ最新作『モンスターハンタークロス』(通称、モンハンクロス)に登場する新カテゴリーモンスター『二つ名モンスター』について説明していきます。

スポンサーリンク

 

モンハンクロスの『二つ名モンスター』ってなに?

モンハンクロス

モンハンクロスのゲームをある程度進めている方にとって、『二つ名モンスター』との戦闘はもはや日常になっているかもしれません。

ですが、お仕事でなかなか時間がとれないサラリーマンの方や、他のゲームを同時進行しているためプレイ時間が少なめの方は、モンハンクロスにおける『二つ名モンスター』のことをよく知らないかもしれませんね。

この二つ名モンスターとは、集会所でクエスト受注できる特殊なモンスターのことなのです。

特定の条件をクリアすることで、この『二つ名モンスター』達は出現します。

『二つ名モンスター』は、通常のモンスターよりも体力・攻撃力・攻撃範囲が強化された個体で、その行動パターンはもはや別のモンスターという印象すら受けます。

従来のモンハンシリーズでは『亜種』や『希少種』と呼ばれていたモンスター群が、今回の『二つ名モンスター』ということになります。

ただ、過去作のモンハンをプレイしてきた方に、とくに注意していただきたいのが、『亜種』や『希少種』は通常個体のマイナーチェンジバージョンであり、『二つ名モンスター』は、通常個体の進化バージョンであるということです。

いずれのモンスターも一筋縄では倒せない、強力で絶大な力を持った油断のできない攻撃を繰り出してきます。

『二つ名モンスター』の出し方の条件を以下にまとめてみましたので、ご参考までに。

 

大雪主ウルクスス

集会所★1クエスト「雪のちウルクスス」をクリア

 

紫毒姫リオレイア

集会所★1クエスト「女王、降臨す」をクリア

矛砕ダイミョウザザミ

集会所★1クエスト「鉄壁の盾蟹」をクリア

紅兜アオアシラ

集会所★1クエスト「伝説のメニューに不可欠なモノ」をクリア

(ユクモ村のさすらいのコックからの依頼)

岩穿テツカブラ

集会所★4クエスト「鬼蛙テツカブラの狩猟」(上位)をクリア

白疾風ナルガクルガ

集会所★5クエスト「疾き迅竜の狩猟披露」(上位)をクリア

(ポッケ村の看板娘からの依頼)

宝纏ウラガンキン

集会所★5クエスト「脅威!火山の鉄槌!」(上位)をクリア

隻眼イャンガルルガ

集会所★5クエスト「イャンガルルガの洗礼」(上位)をクリア

黒炎王リオレウス

集会所★6クエスト「空の王者リオレウス」(上位)をクリア

金雷公ジンオウガ

集会所★6クエスト「狩られる前に狩れ!」(上位)をクリア

荒鉤爪ティガレックス

集会所★6クエスト「轟竜狩猟は妹のため」(上位)をクリア

燼滅刃ディノバルド

集会所★6クエスト「出陣!地底火山の果たし会い!」(上位)をクリア

 

どうやれば狩れる?モンハンクロス『二つ名モンスター』の倒し方

モンハンクロス

モンハンクロスの『二つ名モンスター』のクエストは共通していて、それぞれ1~10のクエストが存在します。

1をクリアできれば、次の2が解放されます。

クエストを受注するには、特殊なチケットを消費する必要があり、『すれちがい機能』や『龍歴院ポイント交換』を駆使してチケットを収集しなければいけません。

チケットに関しては、受注者だけが消費するので、集会所での複数プレイの際は、誰が消費するのか、あらかじめ決めておいた方がいいかもしれませんね。

さて、そんな二つ名モンスターですが、このモンスターから剥ぎ取った特殊素材を使用することで、『二つ名防具』を作成することができます。

この防具がかなり強力!

二つ名防具一式は、すべての防具を一定レベルまで引き上げることでスキルが発動します。

その段階を踏んでいるため、発動スキルはいずれも強力です。

筆者が愛用する『黒炎王シリーズ』は、高級耳栓や攻撃力大アップ、弱点特攻(弱点部位への攻撃が強化)、風圧大無効という豪華なラインナップ。

大型モンスターを狩るハンターにとって、至れり尽くせりの逸品です。

それでは、肝心の『二つ名モンスター』の狩り方を紹介していきます。

まずは、防具の見直しをしましょう。

剣士であれば最低でも守備力600、ガンナーであれば守備力300は欲しいところ。

『二つ名モンスター』の攻撃は。いずれも強力、秘薬や回復薬グレードなど、回復量の多いアイテムを大量に持ちこむことも忘れてはいけません。

また、通常個体では使用してこない状態異常攻撃を多用してくるので、通常個体の立ち回りに慣れている方でも状態回復アイテムは惜しみなく持っていきましょう。

そして、意外と忘れがちなのが、無駄なスキル発動。

自分の防具、装備とはまったく関係のないスキルが発動している方をたまに見受けますが、それはちょっともったいないです。

そういう方に限って、あとちょっとスキル配分を考えれば、発動する便利なスキルがあったりします。

これは、『ネコメシ』にも言えること。

出発前の能力アップが見込める『ネコメシ』は、発動した際に恩恵を受けることができるものに絞りましょう。

オススメは、ネコの防御術(大)。

攻撃を受けるたび、高確率で被ダメージを減らしてくれるので、『二つ名モンスター』討伐に慣れていない被弾の多い方には、うってつけのネコメシスキルです。

 

まとめ

最後に、モンハンクロスにおける対『二つ名モンスター』についての総括を言っておきます。

それは、『油断しないこと』。

当たり前のことかもしれませんが、実は、これがかなり難しいです。

ゲーム序盤は、慎重なプレイを心がけていた方も、ゲームが進んでモンスターの扱いに慣れ、武器や防具が強化され、知らず知らずのうちに『自信』と『慢心』が生まれます。

『自信』は余計なプライドを生み、『慢心』はプレイを雑にします。

初心忘れるべからず。

二つ名モンスターだけでなく、どのモンスターを相手にするときも忘れてはいけないことでしょう。