本日はアニメ『ポケットモンスター』シリーズの1時間スペシャル。

前編で『最強メガシンカActⅣ』、後編で『ポケットモンスターXY&Z』の第1話が放送されます。

満を持して交錯することになった両作品。

果たして、そのストーリー展開やいかに?

それではまず、ポケモン『最強メガシンカActⅣ』の方のストーリーネタバレから見ていきましょう!

スポンサーリンク

 

ポケモン最強メガシンカActⅣアニメストーリーネタバレ1 10人抜き!

ホウエンでの激闘を終え、カロス地方に戻ってきたアラン。

フラダリにもっと強くなりたいことを伝えると、彼はメガシンカを扱うトレーナーのみでの10人抜きバトルを提案します。

しかし代償として、1回でも負ければアランのキーストーンとリザードンのメガストーンを剥奪することを求めるフラダリ。

アランはその条件を承諾しますが、どこか焦っているような素振りも見せています。

一方、アランを追ってきたマノンとダイゴは、プラターヌ博士に連絡を取っていました。

アランとともに旅をしてきたことを話すマノン。

そんな中、アランのメガシンカ10人抜きバトルは幕を開けます。

その様子を見ているのは、フラダリ1人ではありませんでした。

ともにいるのはカロス地方四天王の1人、『パキラ』です。

話しぶりからすると、彼女が10人目、最後のアランの相手となるよう。

『最強メガシンカActⅠ』で敗北を喫した、『ズミ』と同格の相手に、アランは勝つことが出来るのでしょうか?

 

ポケモン最強メガシンカActⅣアニメストーリーネタバレ2 優しい嘘

マノンとダイゴはプラターヌ博士への連絡を終えてフラダリのもとへ。

ダイゴとフラダリが巨石についての話になる中、マノンはアランの応援に向かいます。

バトルが一区切りついたところで、アランに話しかけるマノン。

しかし、アランの態度はそっけないものでした。

「新人トレーナーである自分は、アランのもとで一緒に強くなりたい」

「アランと一緒なら危険も乗り越えられる」

精一杯の気持ちを伝えるマノンに対して、アランが出した返事は

「お前といると強くなれない」

という、拒絶を表すものでした。

あまりのショックに、ハリさんとも別れ、1人階段で泣き崩れてしまうマノン。

冷たい態度のアランを、リザードンは物言いたげな様子で見つめています。

そう、リザードンははわかっているのです。

アランが『マノンを傷つけないがために離れることを決意した』のを。

アランが焦っているのも、今のままではマノンを守れないからにほかなりません。

そんなアランの気持ちをよそに、バトルはどんどん進んでいきます。

 

ポケモン最強メガシンカActⅣアニメストーリーネタバレ3 危機!

マノンに1人にしてほしいと言われたハリさんは、1人建物の奥へ。

そこでは、何やらポケモンの実験が行われているようです。

が、その対象らしき『緑のポケモン』はなんだか苦しそう。

ハリさんに、テレパシーのようなもので危機感を訴えています。

そのポケモンがすごい力を発揮して、実験機器を壊したのを見計らい、ハリさんはなんとそのポケモンを抱き上げ、逃げようとします。

が、なぜかハリさんの容態も不安定に。

『つるのムチ』でそのポケモンを逃がしたあと、部屋の中で倒れ込んでしまうのでした。

 

ポケモン最強メガシンカActⅣアニメストーリーネタバレ4 純粋な想い

一方、アランは9人抜きを達成、ようやくパキラとのバトルに入ります。

パキラが使うのは『ヘルガー』。

もちろんメガシンカをします。

同じ炎タイプであることもあって、リザードンの炎技も効果が薄い様子。

『ドラゴンクロー』や『はがねのつばさ』など別タイプの技で応戦しますが、四天王が育てたポケモンだけあって、かなりタフです。

パキラは尋ねます。

「ほかのポケモンはたくさんいるのに、なぜリザードンで最強を目指すのか。」

アランは答えます。

「ずっと一緒にいたポケモンであり、誰よりも信頼している存在」だと。

最後にはなった『究極技』の1つ、『ブラストバーン』によって、なんとかヘルガーを倒したアラン。

「これでやっと大切なものを守れる」

と、自分の力にも自信がついたようです。

しかしそのとき、アランの安堵を裏切るかのようなストーリー展開が待っていました。

 

ポケモン最強メガシンカActⅣアニメストーリーネタバレ5 笑ってくれ

ハリさんが原因不明の容態で昏睡状態に陥ってしまったのです。

あの謎のポケモンが影響しているのでしょうか?

ジョーイさんでも昏睡の原因がわからないとのことでした。

施設の責任者でもあるフラダリが責任を持って解明に当たると約束すると、マノンはフラダリにすがりついて泣き、ハリさんの快復をお願いします。

アランはそれを、悔しい思いで見つめているしかありませんでした。

フラダリが言うには、ハリさんの回復のためにも巨石やメガシンカのエネルギー秘密が必要とのこと。

アランは再び、その役目をかって旅立ちます。

全ては、『守りたいもの』であるマノンの笑顔を取り戻すために。

 

おわりに

いかがでしたか?

決してアランのせいではないのですが、アランからしてみれば

『マノンは自分を追いかけてここまで来てくれただけなのに、その所為でハリさんが重病になってしまった』

という、責任を感じてしまうストーリー展開になってしまいました。

そして他方、パキラと何やら『悪そうな会話』をしているフラダリ。

後編の『ポケットモンスターXY&Z』にて、その一端が明らかになっています。

この日の後編及び、次週のアニメ『ポケットモンスターXY&Z』もお楽しみに!