雑学

失恋の痛み期間はいつまで?脳へのダメージ大で回復には時間が必要

更新日:

好きな相手に告白して、一緒にいられない事実を突きつけられる…。

誰にとっても失恋は、とても辛いものですよね。

そんな状況を表す言葉に『失恋の痛み』というものがあります。

なんとこの言葉は、ただの比喩表現ではなく、人は確かに失恋によって『痛み』を感じているそうです!

失恋により、人はどこに痛みを感じ、その症状は、いつどのようにして回復するのか。

そこで今記事では、相手から振られたときに起こる『失恋の痛み』の症状や期間などの真相に迫っていきます!

スポンサーリンク

336x280




失恋の辛さはアレの禁断症状と同じ!?

失恋

『失恋』自体は、とくに身体的に物理的なダメージは受けませんが、これは『心の病』に該当します。

「失恋相手のことを見たり想ったりすると辛い」

というのが、『失恋』で受ける症状の大半といえますね。

これは単に気持ちの問題ではなく、脳が『失恋』によって、多大な影響を受けている証拠なのです。

どのような影響を受けているのかというと、なんと

『麻●中毒者の禁断症状』

と同じくらいのレベルと言われています。

恋の相手への依存性などから、時に中毒と揶揄されることも多い恋愛中の脳内変化。

たかが『失恋』といえど、脳はそれほどまでに大きな影響を受けてしまうものなのです。

 

失恋の治療薬は3ヶ月という『時間』

時間

先述したように『失恋』には禁断症状があるのですが、この『失恋』の回復方法も同じなのです。

『失恋』も『時間』が、心の病を解決してくれるようなのです。

ただし、完全に立ち直るのに必要なのは、平均して

3ヶ月

と長い期間を要します。

 

それに気持ちは吹っ切ったつもりでも、脳はダメージを負ったままの可能性もあります。

「自分は大丈夫だ!」

と思っていても、何かのきっかけでぶり返す痛みを経験したことがある人もいるのではないでしょうか?

脳がまだ立ち直れていない状態の時に、ふとした拍子に

失恋相手と遭遇してしまったり、失恋相手の話題になってしまい

思わず『痛み』を感じてしまうかもしれません。

『失恋』をしてしまったら、ゆっくりと時間をかけて、無理をしないように注意しましょう。

また、あくまで失恋からの回復期間の3ヶ月は平均です。

回復するまでの期間が短い人もいれば、さらに長い人もいます。

 

失恋にかかっていると別の病気を併発させることも

病気の男性

なぜ立ち直っていないのに、無理をしてはいけないのか?

それは

『失恋』が原因となって他の病気を引き起こす可能性

があるからです。

そもそも『失恋』は、それ自体が痛みを感じるわけではないとはいえ、体内ではアドレナリンなどのストレスの原因となるホルモンが分泌されます。

「失恋後も相手のことが気になる」

「連絡を取ろうと必死になる」

といった行動は、これらのストレスから来る衝動とされています。

しかし、このストレスは『失恋した相手と両想いになる』ことでしか解決できないのです。

そのため、衝動で解決できなければ、さらなる焦燥感や息苦しさに発展することもあります。

『胸が苦しい』という症状は、確かに『失恋』が原因だったのです。

ひどい時は脈拍の低下につながり、あまりのショックで仕事が手につかなくなったりもします。

それにより、仕事を休んでしまう行動へとつながってしまう人がいるのは、このストレスの大きさゆえかもしれませんね。

『失恋』によって、ずっと体調が悪ければ、そこで仕事を続けることも無理をする行為にほかなりません。

許されるならば、3ヶ月の間はハードな仕事などを避け、ゆっくり脳を休ませてあげる必要があるわけです。

 

失恋は3ヶ月経てば回復する!我慢すべし!

失恋を忘れるため、食べ物やアルコールの暴飲暴食などの行為に走りやすいのも、ストレスが原因です。

ストレス発散の一つの方法として、美味しいものを食べることや、お酒を飲むことがありますよね。

ただ、ほかのストレスとは異なり、『失恋の痛み』は時間が解決してくれます。

ですから、この『食べる』ストレス発散方法は、失恋には効果が薄いと考えられます。

一時の安定を求めるために、結果としてアルコール中毒を招いたり、太り過ぎになることは避けるべきです。

(下手をすると、痩せる方が大変です)

ストレス発散には、スポーツやカラオケなどもありますから、様々なストレス発散方法を選んで取り入れてみましょう。

 

失恋回復法!これであなたも失恋克服!

それでは失恋からの回復法には、他にどんなものがあるのでしょうか。

それをまとめて、順を追って紹介しましょう。

  1. 失恋を事実として認識する
  2. 失恋は終結ではなく、始まりとしてとらえる
  3. 過去の遺産(手紙など)は早急に処分する
  4. 辛くて我慢できない時は、他人に頼るのもよい
  5. これからの目標を立てる

この中で、1の『失恋を事実として認識する』は、実はもっとも難しいことなのです。

失恋のような辛いことは、まともに受け止めるには相当の覚悟と時間が必要でしょう。

しかし、失恋という事実を事実として認識しなければ、失恋からの再出発は不可能です。

失恋の後には、

「あの時ああ言っていれば」

「あの時こうしていれば」

などし、後悔と反省が頭の中を占領します。

ですが、その後悔と反省に囚われていては、何時まで経っても前進できません。

そのような後悔と反省は、完全に立ち直ってからでも遅くはありません。

 

2の『失恋は終結ではなく、始まりとしてとらえる』は、要するに失恋のことだけを考え込んでいないで、他の別のことを考えるようにすることです。

例えば、

  • 好きな趣味
  • 行きたいところ
  • しばらく会っていない友人

など、考えることはなんでもいいのです。

要は失恋以外のことに目を向けるということですね。

 

3の『過去の遺産(手紙など)は早急に処分する』は、失恋の相手の想い出の品は、できるだけ早く目に触れないようにすることです。

捨てるも良し、ヤフオクなどで売り飛ばしてしまうもよし。

これらの思いでの品を見ていれば、相手のことを思いだしてしまうのは当然のことです。

失恋を克服することは、言葉を換えれば

『相手のことを忘れる』

ことです。

忘れるには、思い出すきっかけになる品物を、手元に置かないのが一番!

古着・ブランド品の宅配買取『ブランディア』というお店では、『失恋ボックス』という企画を始めたそうですよ。

この企画のミソは、失恋ボックスに品々を入れて返送すると、ボックス一つについて100円が途上国に送られる、という点にあります。

失恋を克服して、しかも途上国の人々を援助できるというのですから、一石二鳥!

ただし、この企画は女性限定。

 

4の『辛くて我慢できない時は、他人に頼るのもよい』は、例えばカウンセラーに相談するなどです。

「どうせ役には立たないさ」

などと決め込まずに、医師から安定剤などを貰って飲んでみましょう。

何かをしていれば、その間だけでも気が紛れます。

 

5の『これからの目標を立てる』が、失恋克服法のキモです。

この『目標』はなんでもよいのです。

例を挙げれば、会社の仕事で功績を挙げよう、あるいは前の相手よりチャーミングな人を見つけるなど、なんでもよいのです。

何かをしようという意志の力は、何ものにも勝る失恋克服法です。

 

おわりに

『失恋』の痛みは気のせいではなかった…。

という事実には驚かされるばかりですね。

『失恋』の比喩表現として使われていると思っていた『失恋の痛み』。

実際に、脳に影響が出るほどの重症だとは思ってもみなかった次第です。

恋の相手に告白をする以上は、相手から期待する答えを望み、その先に幸せな状況を想像してしまうものです。

それが、残念ながら望まない結果になってしまったのですから、大きなストレスを感じても不思議ではありません。

これが『失恋』により、ダメージを負うことなのです。

『失恋の痛み』に関しては、『時間の経過』という確かな治療薬が存在します。

ですから、あれこれ行動せずに、なんとかやり過ごして回復の時を待つ。

一般的には、

『ストレスを発散しなければ!』

と無理にでも何かをしようと考えがちです。

しかし失恋に限っては下手に動かず、安静に過ごす方法を選んだ方が吉みたいですね。

336x280




336x280




\ シェアしてください /

-雑学

Copyright© My News23 , 2017 All Rights Reserved.