ご飯

みなさんは、『糖質制限ダイエット』や『低炭水化物ダイエット』と呼ばれるダイエット方法をご存知ですか?

このダイエット方法は、文字通り、”炭水化物の摂取量を減らす”ダイエット方法です。

炭水化物を減らした分は、ほかの食材を摂取してお腹を満たすので、無理のないダイエット方法としても知られています。

そして、さらにこの低炭水化物ダイエットが、病気や寿命にも良い効果を与えていることがわかりました。

そこで、今回の記事では、糖質制限や低炭水化物ダイエット方法の詳細をお話していきます!

スポンサーリンク

 

低炭水化物ダイエットで動脈硬化を防ぐ!

お弁当

まずは、糖質を制限することで得られる健康効果として、『動脈硬化を防ぐ』という効果が挙げられます。

アメリカのテュレーン大学健康科学センターでは、低炭水化物ダイエットと、低脂肪ダイエットの2種類の食事方法を行い、その結果を比べてみる、という実験が行われました。

動脈硬化

その結果『HDLコレステロール』と呼ばれる、動脈硬化を防いでくれる成分の値が、低炭水化物ダイエットによって、上昇することが判明しました。

それと同時に、心筋梗塞のリスクを左右する『CRP値』が、下がる結果も見られました。

つまり炭水化物の摂取を抑制することで、動脈硬化や心筋梗塞になる可能性を減らすことができるというわけです。

重篤な病気に罹る危険性が少なくなれば、当然長寿となって寿命が延びることになりますね。

 

炭水化物は食べる順番でも病気を抑えることができる!

食べる順番

直接的に『低炭水化物ダイエット』とは異なりますが、食事法を変えるダイエットとして、今注目を集めているのが『食べる順番ダイエット』。

『食べ順ダイエット』とも呼びます。

『食べ順ダイエット』では、炭水化物の摂取を一番最後にすることが、大きなポイントになっています。

まずは、汁物があれば、それから食べはじめます。

汁物は、身体を温める効果と、お腹が膨れ、溜まりやすいので、その後の食事の『どか食い』を防ぎます。

次に、野菜など食物繊維の豊富な食材、肉や魚、豆腐などのタンパク質、最後に炭水化物を食べるという順番です。

野菜などを食事の早いうちに食べることで、消化管ホルモンである『インクレチン』が分泌されます。

このインクレチンが『インスリン』の分泌を促すことで、後に炭水化物を摂取した時に、血糖値が急激に上昇することを防いでくれる役割も果たします。

血糖値に関する話では『インスリン注射』という治療法を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

あのインスリンです。

健康な体は、体内でインスリンを分泌させ、血糖値にもしっかりと作用させることができるわけですが、体内のインスリンの分泌が不調になると、『インスリン注射』のような治療を行う必要が出てくることになるのです。

身体の血糖値が気になり始めた人も、この『食べ順ダイエット』で、血糖値を抑える効果も得られそうですね。

 

炭水化物をまったく食べないのは厳禁!

ダメと止める男性

この糖質制限をするにあたり、一つ注意して欲しいのは、低炭水化物ダイエットにしても、食べる順番ダイエットにしても、

『炭水化物をまったく食べない』

ことは、とくに厳禁だということです。

糖質は、人間にとって絶対に必要なエネルギー源です。

だれでも最低量の炭水化物は、摂取する必要があります。

この摂取する炭水化物の量として、最低限は「20グラム」と言われています。

炭水化物といえば、お米やパンが、頭にすぐに浮かびますが、注意が必要なのは、『じゃがいも』など、イモ類にも、意外にも炭水化物が多く含まれているということです。

動脈硬化が起こるのは、炭水化物の摂取のし過ぎが招くものであり、だからと言って、炭水化物をまったく摂取しなければ、血流の流れが悪くなってしまい、体中に酸素を届けることもできなくなってしまうのです。

それでは病気になってしまっても当然ですよね。

 

おわりに

今回は、『低炭水化物ダイエット』についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ご飯やパンなどの炭水化物は、身体に必要なエネルギーとなる食物ですが、食べ過ぎても食べなさ過ぎてもダメなんですね。

やはり何事も『適量』というのは、大事なことだなと改めて思わされます。

『食べる順番ダイエット』は、すぐに次の食事から取り入れられる簡単なものですので、ぜひ始めたいものですね。

もちろん、何杯もおかわり、というように食べ過ぎは禁物ですが、お茶碗一杯のご飯を食事の一番最後に食べるように、ただ順番を変更するだけで良いのです。

低炭水化物ダイエットも、食べ順ダイエットも、体重の減少以外に健康を維持することにも繋がっています。

一時的にする過度なダイエットは、その後の健康を維持できるものとは言えません。

それが炭水化物の量を減らすだけや、食べる順番を変えるだけで、ダイエット効果が期待できるのならば、誰でも続けやすいと思います。

これまでダイエットに挫折してきた方も、ぜひ試してみてくださいね!