現在、原宿を中心として流行と噂の『折り紙ネイル』。

名前からすると折り紙を爪にくっつけるという感じ…?

しかし、それならマニキュアを塗ったほうが早いような気もします。

この『折り紙ネイル』は、果たしてなぜ人気なのでしょうか?

今回は、その理由をチェックしてみましたよ!

スポンサーリンク

 

折り紙ネイル人気の理由1 低価格でできる

折り紙

『折り紙ネイル』が人気の一つ目の理由は、まずは”折り紙”という材料の安さです。

100円ショップはもちろん、文房具屋さんや、ホームセンターなどでも、安く手に入る折り紙は、毎日のように作るネイルにはうってつけ!

しかも折り紙は、1枚ではなく様々なカラーが入ったセットで販売されていますから、1回のネイルにかかる費用は、かなり安くなると、見通すことができます。

そして、折り紙も大きさや枚数などが異なる様々な種類がありますよね。

たくさん使う色なら大きな折り紙を購入する、たくさんの色が欲しいなら種類が多い物を買うといった使い分けもできます。

また、元々のコストが安いので、就寝前にオフするのも抵抗なくできて、便利なのかもしれないですね。

 

折り紙ネイル人気の理由2 切って乗せて完成!

折り紙ネイル

続いての『折り紙ネイル』の人気の理由は、そのネイルの作り方にありました。

折り紙は、爪の形に切って貼るのではなく、無造作に細かく切るのがポイントのようです。

そしてベースコート、もしくはマニキュアを塗った爪の上に乗せていきます。

細かく切った折り紙を爪の上に散らしたり、あるいはピンセットなどで好きな形にアレンジを行うのですね。

仕上げにトップコートで折り紙を定着させたら完成です。

ネイルのプロに頼まずとも、自宅で簡単にネイルができるのは嬉しいところ。

模様にもよりますが、完成までにかかる時間も10分程度で終わりますし、忙しい朝でも『折り紙ネイル』なら作れそうです。

もちろん細かく切るだけではなく、星やハートマークなど、あらかじめ好きな形に切って乗せても良いでしょう。

紙なのでマニキュアやトップコートの油分が浸透して、爪に定着させ易く、ネイルが剥がれにくいのも人気の秘密かもしれません。

 

折り紙ネイル人気の理由3 模様の配置はみんな違う!

折り紙

『折り紙ネイル』の作り方のところで、無造作に切って貼ると書きましたが、散らしてしまうと、当然全ての指に全く同じにするのは困難です。

どの形にするのかでも違いが出ますし、またどの色の折り紙を使うのか、何色使うのかで、さらに『折り紙ネイル』のバリエーションは増えます。

加えて、ベースにマニキュアを使うのであれば、マニキュアの色と折り紙の色の組み合わせでもバリエーションが加わりますよね。

色の数は、ほとんど無限大ですから、折り紙ネイルの種類も無限大といっていいかもしれません。

さらに言えば、柄付きの折り紙や金銀のメタル系カラーの折り紙もありますよね。

つまり、あえてそうしない限り、同じ色と模様にするのは、逆に大変なぐらい、オリジナリティが高いといえるのです。

 

折り紙ネイル人気の理由4 剥がれても問題なし?

OKの女性

ネイルをする上で注意したいのが、ネイルが剥がれ落ちた時の周囲の反応です。

特に脱衣所やトイレなどで、パールや大きなパーツが落ちていると、

「爪が落ちてる!」

と思われてしまうことも。

つけ爪などでも、それなりに注意が促されていますね。

その点、折り紙は色の付いたただの紙なので、落ちていても『紙のゴミ』という程度の認識になるので、目立つことなく安心できます。

そもそも他のパーツより、剥がれにくいという特徴があるので、とくに心配する必要がないという点もメリットですね。

 

おわりに

いかがでしたか?

筆者としては、正直ネイルに『紙を貼る』というイメージがなかったので、折り紙ネイルと聞いたときは驚きました(笑)

よくよく考えれば、ネイルシールなどが似たような感じなんですよね。

詳しく見ていくと、そのバリエーションの豊富さと、素人でも行いやすい方法、そして材料となる折り紙の入手しやすさなど、人気の理由である『お手軽』さには、納得せざるを得ませんでした。

ネイルシールなどの専用パーツも、100円ショップを始め、様々な場所で売られていますが、そこに自分の好きな模様の色があるか、というと100%の断言はできません。

しかし、折り紙ならば、色に関しては問題がなく、形に関しては自分で作ってしまえば良いということで、全ての準備が問題なくできてしまいます。

最近の自分のネイルにマンネリしてきたら、『折り紙ネイル』を試してみるのも面白いと思いますよ!