雑学

髪の毛は洗わないと抜ける?頭を洗髪しないとハゲる理由をチェック

更新日:

男性の身体の悩みとしては、『ハゲ(脱毛・薄毛)』は、かなり上位にランキングするのではないでしょうか?

大事な髪の毛が、薄毛になる理由は様々ですが、

『洗髪をしないことが、ハゲる原因になる!?』

という面白い調査がありますので、今記事では、髪の毛がハゲる原因、さらにはハゲ・抜け毛にやってはいけないことなどを調べてみました。

洗髪をしないことで、髪の毛がハゲる理由・原因とは一体どういうことなのでしょうか?

スポンサーリンク

336x280




髪の毛を洗わないと落ちない汚れがハゲを呼ぶ!?

髪の毛を洗髪しないとハゲる理由・原因として最もわかりやすいのは、

『汚れが頭皮に悪影響を与える』

というものです。

頭皮の毛穴が詰まったり、皮膚が炎症を起こしたりすることをきっかけに、毛根がダメージを受け、

髪が抜けやすくなったり、抜けた後もしっかりした髪の毛が成長しないということなのです。

頭皮の汚れは、自分で確認するのも難しいものですが、毎日の洗髪をしっかり行うことが、まず基本になるということですね。

男性は、女性に比べて短髪の人が多いので、洗髪も楽ですから毎日髪の毛を洗っているイメージもありますよね。

なので、男性の方がハゲるというのは、洗髪の頻度というよりも『髪の毛の洗い方』が、大きく影響しているのかもしれません。

 

髪の毛を洗ってもハゲるのは間違い?

毛が抜ける男性

一方で、世間では『髪の毛を洗いすぎるとハゲる』という説もあります。

髪の毛を洗わなければ、ドンドン汚れが溜まってしまいますが、洗うとハゲるという説は間違いなのでしょうか?

まず結論としては、あくまで『洗いすぎ』が問題なので、これはきちんとした洗い方をしましょうというものです。

頭皮は爪を立てずに指の腹(指紋の部分)でやさしくマッサージする。

シャンプーは、しっかり泡立ててから頭につけること、などですね。

さらに、シャワーの水量が強すぎることや、お湯の温度が高すぎることも、頭皮への良くない刺激になるようです。

洗髪後にドライヤーで乾かすときに、髪の毛が抜けることを心配する方もいますが、髪の毛はそもそも毎日抜けていきます。

『健康な』というか、まだハゲの心配がない方でも、少なく見ても1日50本は抜けているのです。

気づかぬうちに髪の毛が抜け落ちているので、髪にブラシをかける時に抜ける髪の毛ばかりが目立ってしまいます。

よほどごっそり抜けるのでもない限りは、洗髪で髪の毛が抜けることは気にしなくても大丈夫ですよ。

 

髪の毛を洗う洗わない以外のハゲる原因や対策に注意

髪の毛のサイクル

ここまでは、頭皮を清潔に保つことが重要だ、ということは分かりました。

しかし、髪の毛がハゲる原因は、そもそも頭皮を不潔にしていることだけではありません。

  • 生活習慣の乱れ
  • 睡眠不足
  • 栄養の偏りや不足
  • ストレス
  • 遺伝

なども理由・原因に挙げられますね。

とくに遺伝に関しては、父性遺伝を見てしまいがちですが、

男性型脱毛症(AGA)

の場合は、母性遺伝の可能性が示唆されているんです!

つまりハゲることを確認するのであれば、

お母さんのお父さん(母方の祖父)、あるいは兄弟(母方の伯父・叔父)の髪の毛を見る

ことが、一番良いというわけ。

まだ遺伝に関しては、100%の確率で判断できるものでもありません。

でも、もし母方の親戚にハゲている方がいれば、より頭皮の健康に気をつけるべきでしょう。

髪の毛の洗い方や、生活習慣をチェックする良い機会になるかもしれませんね。

またスカルプケア効果を持ったシャンプーや育毛剤は、これら全ての理由・原因に対して、有効な効果があるというものではありません。

洗髪しすぎでハゲるの項目でも書いたように、髪の毛を強く洗いすぎてしまうなど、間違った方法は逆効果になり、ハゲを助長させてしまいます。

例えば、普段から睡眠不足であるなら、頭に育毛剤をたくさん塗布するより、1時間でも多く寝たほうが良いというのはわかりますよね。

ハゲが気になっている場合は、自分のハゲの原因が、何であるのかを知ることから始めましょう。

 

ハゲや抜け毛にやってはいけないこと

それでは、ハゲや抜け毛に良くないこととは、どんなことなのでしょうか。

それをリストにまとめてみました。

  • シャンプー後によく洗い流さない
  • 朝シャンや夜寝る直前の洗髪
  • ファーストフードやジャンクフード・油脂の多い食べ物を常食とする
  • 各種のストレス
  • 不規則な生活と寝不足

シャンプー後によく洗い流さない

髪に残ったシャンプー剤は髪の大敵です。

残ったシャンプー成分は、頭皮の皮脂が増える原因にもなりますし、皮脂が毛穴をふさいでしまうと髪には大きなダメージとなります。

洗髪後の洗い流しは、入念にしましょう。

洗髪そのものよりも、その後の洗い流しを重点として行うのが良いと思いますよ。

朝シャンや夜寝る直前の洗髪

朝シャンは、紫外線などから頭皮を守ってくれる、必要な皮脂を洗い落としてしまいます。

それに朝シャンや夜寝る直前の洗髪は、時間に追われるため、どうしても洗い流しや乾燥がなおざりになりがちです。

髪が生乾きですと、残った水分が蒸発し、頭皮の熱を奪ってしまいます。

体温が低下すると血行が悪くなり、頭皮に栄養が足りなくなってしまいます。

また、髪に水分が残っていると、湿度が高くなるため細菌類が発生しやすくなったりもします。

ファーストフードやジャンクフード・油脂の多い食べ物を常食とする

ファーストフードやジャンクフードを日常的に食べるのは、 中性脂肪の増加など健康面でも決して良い影響はありません。

その代表的なものがポテチですが、ポテチを1年間毎日1袋食べ続けると、その油脂の量は食用油20リットル以上に相当するそうですよ。

これが身体に良いはずがありませんよね。

しかもファーストフードやジャンクフードには、あまり好ましくない添加物も多量に含まれている場合があります。

髪・ハゲに限らず、健康に留意したい人は、極力このような食べ物は避けるべきでしょう。

各種のストレス

これまたハゲ・抜け毛だけでなく、全体的な健康面に悪影響をおよぼす悪玉の一つです。

ストレスを抱え込んでいると、自律神経の失調によりホルモンバランスが崩れてしまいます。

それによる血行障害などで、毛根や頭皮に栄養が行き渡らなくなり、ハゲや抜け毛に直結したりします。

不規則な生活と寝不足

夜更かしや寝不足は健康の大敵、という話はよく聞きますよね。

夜更かしや寝不足は、当然髪にも大きな悪影響を及ぼします。

身体にとって大事な新陳代謝ですが、これに重要な関係があるのが成長ホルモンです。

成長ホルモンは古い細胞を入れ替えて、新しい細胞に再生するという、重要な働きをします。

その成長ホルモンが最も多く分泌されるのが、夜22時から朝2時の時間帯なのです。

ですから、夜更かしをしてその時間に起きていると、正常なホルモン分泌が行われないため、新陳代謝も滞ってしまいます。

当然髪や頭皮にも影響は大きいのです。

『早起きは三文の得』ということわざがありますが、早寝早起きは三文どころか無限の得になるのですね。

こうして見てきますと、ハゲや抜け毛に良くないことは、日常の健康にも良くないことと、ほぼ一致しますね。

考えてみれば、頭皮や髪はまぎれもない身体の一部なのですから、それも当然かもしれません。

 

おわりに

いかがでしたか?

確かに『洗髪しないとハゲてしまう』というのは、ハゲる理由・原因としては、正解のようです。

ただ他のハゲる理由も含め、それだけが全てではないというのが、より正しい解答というべきでしょう。

また、毎日髪の毛を洗うことを『しっかり洗うこと』と勘違いしてはいけません。

とくに男性は、指の力もありますから、『しっかり』=『髪の毛を洗いすぎ』になっている可能性も否めないんです。

髪の毛を洗うときは、優しく洗ってあげてくださいね。

テレビでよく見かけるシャンプーのCMなどでは、一気にがーっとと男らしく?洗っている俳優さんを見かけます。

ハゲの心配をするのなら、もっとゆっくり丁寧な手つきで洗ってあげてくださいね。

336x280




336x280




\ シェアしてください /

-雑学

Copyright© My News23 , 2017 All Rights Reserved.