どの世代の女性の共通した悩みといえるのが、『お肌のくすみ・黒ずみ』ですよね。

とくに鼻の毛穴に関しては、黒いぶつぶつ、いわゆる毛穴の汚れによるものができやすい場所ですから、日々気にしている方も多いと思います。

『毛穴の奥まで洗い落とすクレンジング』や『毛穴引き締め美容液』なんていう専用アイテムを使っているにもかかわらず、人によってはなかなか改善されないものですよね。

ところが、毛穴の黒ずみが改善されないことには、ある大きな理由があったんです!

ケアのやり方が悪いのか?

アイテムが合わなかったのか?

と思う前に、当記事で紹介する以下の点についてチェックしてみてください。

今回は、そんな気になって仕方ない毛穴の黒ずみの原因を探っていきます!

スポンサーリンク

 

肌の黒ずみの原因はたくさんある!

肌の黒ずみ

毛穴が汚れによって黒ずんでしまうのには、実は、一つだけでなく幾つもの原因があるんです。

一般的に販売されている肌ケアアイテムは、肌の黒ずみの原因の内のひとつ、またはふたつくらいにしか効果を発揮しないため、肌ケアアイテムがサポートしていない原因が理由で、肌の黒ずみを引き起こしている場合があるのです。

美容関係のアイテムは、『個人個人の肌との相性』も非常に重要なポイントと言いますが、まさにその通りです。

あなたの鼻に、どのような黒ずみができているのかをきちんと見極めない限り、いつまでたっても肌の黒ずみを治すことは進みません。

 

毛穴汚れが落ちない原因1

●オイリー肌で皮脂対策ばかりするのはよくない

オイリー肌

肌の黒ずみが、改善しない原因として取り上げられることが多いのが、『皮脂』による毛穴詰まりです。

普段から脂分を多く摂取していたり、オイリー肌の人は、これが原因で自身の肌の黒ずみが進行しているのだと思っていませんか?

実のところ、皮脂が詰まっているのは、肌全体のおよそ3割ほどなんです。

残りの7割は『古くなった角質』がきちんと剥がれ落ちず残っているもので、それが詰まって『角栓』になっていることが多いのです。

言い換えれば肌のターンオーバー(表皮の新陳代謝)が、きちんと行われていないということ。

皮脂が0割という人はいませんから、誰でも皮脂に対する肌ケアは必要といえますが、皮脂ばかりに注意していては古い角質は落とすことができません。

皮脂対策用のアイテムは一旦やめて、ターンオーバーを促進するために、角質や代謝促進の対策をしてみてはいかがでしょうか。

 

毛穴汚れが落ちない原因2

●黒いブツブツは角栓とは限らない

毛穴の汚れ

どうにも気になる角栓ですが、これも汚れによるものと決め付けるのは早いんです。

『毛穴汚れ』というだけならともかく、それで黒ずみまで発生することに対しては、きっと他にも原因が存在します。

例えば『メラニン』。

メラニンは、日焼けやシミといった色素沈着によるものである、とご存知の方も多いでしょう。

毛穴の黒ずみは、毛穴そのものが色素沈着してしまっている可能性もあるんです!

汚れによって黒く見えるのではなく、メラニン色素で肌そのものが黒くなってしまっているわけですね。

当然、これは美白化粧水など、洗った後の肌ケアになりますので、必ずしも肌を洗い続ければ、黒ずみが治るものではありません。

他にも乾燥毛穴、すり鉢状毛穴、クレーター毛穴など、毛穴やその付近の肌がダメージを受けたことによって、肌の黒ずみとなってしまっている現象が多いです。

しかも問題なのは、角栓による黒ずみも、この中に混じっているかもしれないという点ですね。

「こちらの毛穴は、角栓が原因だけど、こっちはメラニンが原因」

というように、同じ人でも部位によって、毛穴の黒ずみの原因が異なるのです。

以上のことから、洗顔だけではなく、洗顔後のケアも、これらの原因をふまえた上での対策が大切となってきます。

 

洗顔は優しく!その後は適した肌ケアを

泡洗顔

それでは、それぞれの肌の黒ずみ対策方法を見ていきましょう。

まず角栓など、毛穴に本当に汚れが詰まっている場合は、洗顔がとても大事です。

ただメイクを落とすときなどで、洗顔でゴシゴシ洗うことは絶対に厳禁です!

こすり洗いや、過度の洗顔は、お肌の潤いまでも奪うことになり、逆に肌が荒れる原因となります。

肌が荒れれば、敏感になりメラニンの影響を受けやすくなったり、乾燥毛穴などが出来やすくなりますので十分に気をつけてください。

続いて洗顔後のケアですが、まず角質を柔軟にする効果のある「拭き取り化粧水」で拭き取りを実施してください。

その後、メラニンによる色素沈着の黒ずみがある場合は、「美白のケア」を行っていきます。

乾燥毛穴や、すり鉢状毛穴の場合は、リフトアップ効果のある美容液がおすすめです。

全て終わったら、最後に乳液などでしっかりと肌を保湿します。

『セラミド』など、潤い美容成分が含まれていると、より効果が得られるでしょう。

たくさん美容液をつけたからといって、効果が高まるものではありません。

ここで大切なことは、適量を守りながら丁寧に肌ケアすることです。

また、クレーター毛穴の場合は、軽度であれば肌のターンオーバーを改善することで自然と治るため、肌ケアよりも生活習慣を整えることの方が大事です。

クレーター毛穴が深いものになると、レーザー治療など医療機関での治療が有効な方法になっていきます。

毛穴の黒ずみに特化したケア商品

『黒ずみ』のケアの為に潤い成分をたっぷり入れ、開発された高濃度美容液『Remery(リメリー)』が、おすすめです!

乾燥などにより、開きずらくなった毛穴を、肌を和らげ開きやすくすることで、角栓・皮脂を排除してくれます。

とくに鼻は顔の中でも最も目立つ部位であるため、黒ずみはなんとかして避けたいところ。

定期コースでは、

  • 70%オフ
  • 送料無料
  • 代引き無料

なので、さらにおすすめです。

Remery(リメリー)

まとめ

今回は、毛穴の黒ずみ対策方法や、黒ずみができてしまう理由・原因について調べてみましたが、いかがでしたか?

自分の毛穴汚れの原因がよくわからない(美白も保湿もしてるのに治らないなど)場合は、皮膚科の先生に一度相談してみると良いと思います。

肌の毛穴の黒ずみの原因がはっきりとわかれば、あれこれいろいろな化粧品を試す必要はなく、黒ずみの原因にあった方法で絞り込めますね。

一度、自身の毛穴の黒ずみの原因は何か?ということについて、きちんと確認してみてくださいね!