秋になりましたね。

秋といえば、何の秋を思い浮かべるでしょうか?

運動の秋?

読書の秋?

芸術の秋?

やっぱり『食欲の秋』を思い浮かべる人は、かなり多いのではないか、と筆者は予想しておりますが、どうでしょうか(笑)

さて、食欲の秋とは言うぐらいですから、普段と同じ食事ではつまらないですよね。

せっかくなので、秋に収穫された旬の食べ物を味わった方が、健康面でも満足できますよ。

今日は、そんな秋に旬を迎える食べ物をご紹介していきます!

スポンサーリンク

 

旬の食べ物1 秋のおすすめ野菜一覧

松茸

まずは野菜から見ていきましょう。

細かい分類によっては、別になるかもしれませんが、この項目では芋類やきのこ類、穀物など果物以外の植物全般を含めています。

代表的な食材は

  • あしたば
  • あずき
  • インゲン
  • エノキダケ
  • おくら
  • かぼちゃ
  • ぎんなん
  • コメ
  • サツマイモ
  • サトイモ
  • ジャガイモ
  • なす
  • まつたけ
  • やまいも

です。

以降の項目もそうですが、もちろん他にもありますよ。

『かぼちゃ』や『なす』『ぎんなん』『まつたけ』など、もともと秋のイメージが強い食材と、芋類が多いのが特徴でしょうか。

そして、忘れてはならないのが『お米』です。

すでに新米の予約をされた方もいるかもしれませんね。

また、一部の食材は夏から秋、もしくは秋から冬が旬なので、「イメージとしては夏や冬なんじゃないの?」と思わせるものも見られます。

 

旬の食べ物2 秋のおすすめ果物一覧

続いては秋が旬の果物です。

  • かき
  • キウイ
  • くり
  • なし
  • ぶどう
  • みかん
  • りんご

こちらはイメージ通りの果物ではないでしょうか。

キウイ

ただ、『キウイ』だけには少し驚いた筆者です。

ちなみにキウイは秋から翌春と、夏以外が旬となっており、季節を問わず幅広い果物なんです。

 

旬の食べ物3 秋のおすすめ海産物一覧

続いては、魚や貝などの海の食材です。

  • いせえび
  • いくら
  • いわし
  • うなぎ
  • けがに
  • さけ
  • さば
  • さんま
  • しらす

魚はいわゆる『青魚』が並びましたね。

うなぎの蒲焼

土用の丑の日、特に夏の丑の日に食べるイメージの強い『うなぎ』に、意外性を感じた人もいるのでは?

天然物のうなぎの旬を見ると、実は秋から冬にかけてなんです。

夏は養殖が多いので、天然物のうなぎ味を楽しみたい人は、これからの時期に出回るうなぎを探してみてください。

 

肉の旬はない?

肉

肉は他の食材とは違って、野生の物を収穫するわけではありません。

なので、特別季節による旬というものはないんです。

収穫時期になったら、その都度行うというイメージですね。

スーパーなどを見てみても、お肉のコーナーで『今が旬』というPRを見たことがある人は少ない…というか、見たことがある人はいないのではないでしょうか?

酪農家によっては、肉にするタイミングが決まっているところもあるかもしれませんが、しかしだからといって、その時期は他の時期に出荷したお肉より美味しいのか、というと一概には言えません。

 

意外な食材に目を向けるのもあり

ここまで、ざっと見てみて、興味の沸く秋の食材はあったでしょうか?

野菜の項目なら、ぎんなんの炊き込みご飯や、芋料理の食べ比べなどが面白そうですね。

芋類は様々な料理に使えるので、煮物、コロッケ、シチューなど、それぞれの芋で作ってみて、どれが合うか試してみると楽しいですよ。

また、秋の野菜はいずれも『天ぷら』にしても、おいしそうですよね。

極端な話、衣をつけて揚げるだけなので、野菜の料理法に困ったら、天ぷらにしてみるのも良いかもしれません。

果物では、やはりキウイですね。

キウイは、テレビCMなどで見た方も多いかもしれませんが、栄養価が高い果物としても知られています。

夏バテの解消や普段から栄養が偏りがちな方は、これを機にキウイを試してみませんか?

魚介類は、うなぎやカニなど、比較的高級な食材が多く並んでいますから、なかなか手を出すのも大変なイメージがありますね。

一方、しらすはリーズナブルな割に普段から食べている人は少ないのではないでしょうか。

お米も旬ですし、アツアツご飯にしらすをかけて、シンプルにあっさり食べるのも美味しいですよ。

 

おわりに

いかがでしたか?

旬の食材は、出荷量が多い分、市場では安価で提供されることもあるのが特徴です。

普段食べていない食材も、旬となって安くなった今、目を向けてみてはいかがでしょうか?