美容・健康

首コリ解消にマッサージ(揉む)は危険!素人では自律神経に悪影響!

更新日:

肩こりと同様に、

『首がこる』

という人も多いと聞きますが、もしかしてあなたもそうですか?

肩はこったら揉めば良いので、首のコリも同様にしてマッサージする人も少なくありません。

しかし、肩とは違って

『首は揉んではいけない!』

という驚きの噂が舞い込んできました。

ただ首を揉むのが良くないだけではなく、

『危険』

も孕んでいるらしいのです。

なお、『揉む』ということは,『マッサージ』とはだいぶ違います。

揉むということは、筋肉を強く押したり、つまんだりすることで、マッサージは『さする』ことが主です。

そこで今記事では、『首を揉む』と危険の理由・原因をお話していきましょう。

スポンサーリンク

336x280




専門家も警鐘!首を揉む・マッサージはダメ!

首のこりという、ある意味、病気を改善するためにも行いがちな『揉む』という行為。

実は、その行為そのものが、逆に病気の原因になっていかも!?というのです。

この首を揉んではいけないことが話題になったのは、東京脳神経センター理事長で医学博士である松井孝嘉医師の

『首は絶対にもんではいけない!』(講談社)

の本に紹介されたときのことです。

この本によると、自己流マッサージはおろか、専用器具や、専門家(マッサージ師など)の手による行為であっても、

首を揉むことは、即刻やめるべき

なんだそうです。

素人が下手に首を揉んだり、マッサージすることで、病気に繋がるのかと思いきや、専門的ノウハウを持っている人でも、首を揉むことは避けるべきとあります。

また、首を揉むこと以外にも、非常に危険な行為もあります。

それは後段でお話しましょう。

この首を揉むことがいけない理由には、

首には『ある器官』が備わっているから

ということが分かりました。

 

自律神経の重要部分は首にあり!

首の痛い男性

首には自律神経を構成する『交感神経』と『副交感神経』が両方通っており、

なおかつ、それらが正常に機能するための

バランス制御を行う場所が、首の後ろの頭の付け根あたり

に存在するそうなのです。

交感神経は活動時に、副交感神経はリラックス時に、身体の機能を調整する役割を持っています。

その為、身体の現状が、今はどちらなのかを判断する機能が必要となります。

今は活動中の状態か、リラックスしている状態なのかを明確に察知し、神経のどちらを働かせると良いのかという判断を行うのです。

その為、

首を揉むという行為によって、自律神経に刺激を与えてしまうと、このバランス機能が上手く働かなくなる可能性

が出てくるのです。

 

昼間に活動中なのに、急に眠くなったり、リラックスしたいのに寝付けなかったり、という状態に覚えはありませんか?

これは身体の自律神経が、正しく機能していないことを示します。

それが生活習慣病などではなく、

『自分で首を揉んでいた』

ことが理由だと言われると、ちょっとゾッとしてしまいますよね。

文字通り、自分で自分の首を絞めているんです。

ただし、首を揉むのではなく、軽くなぜる、つまりマッサージには首こりに有効なこともあります。

そちらも後段でお話しましょう。

 

首を揉むと血管にも影響がでる!?

首を揉むことで、自律神経へ負担がかかるだけではなく、血管にも良くない影響を与えてしまうようです。

わかりやすい例が

『血管の詰まり』

です。

多くの人が揉むことで血流がよくなると思いがちです。

しかし首に限って言えば、揉むことが逆効果になる可能性がとても高いのです。

首の血管内部に溜まった老廃物などが、揉むことで剥がれてしまい、詰まりを引き起こしてしまうことも。

なので『脳梗塞』や『くも膜下出血』などの重病を引き起こす事になりかねません!

また、老廃物などは除去しなければ、年々溜まっていくものなのです。

高齢になるほど、首を揉むのは注意が必要になってきます。

同時に、

首を揉むことで『認知症』を進行させる恐れがある

ということなでの、高齢の人はとくに首を揉むことには気をつけた方が良さそうですね。

 

首を振って音を出すのは絶対ダメ!

首がこっている時に、首を左右に振ってバキバキ鳴らすと、とても気持ちがよいですよね。

ところが、この首を振るのは非常に危険です。

絶対止めるべきなんだそうですよ。

首を振って

「バキッ!」

「ボキッ!」

と音が出ると、なにかスッキリした感じになったりします。

これは首の関節や筋肉がゆるんで一時的に楽になるため、その刺激を脳が気持ちがよいと感じるためなのです。

しかしこれをいつも繰り返していると、首の関節をつないでいる靱帯がのびてしまいます。

その状態では首の関節はゆるくなり、頭を支える事ができなくなってしまうのです。

その代わりに、筋肉が一生懸命に頭と首を支えようとするので、これがこりや痛みにつながります。

人間の頭の重さは、平均して成人男性で5~6キロ、成人女性で4~5キロもあります。

それに、腕の重さが加わるので、首が支える重さは、トータルで10キロ近くにもなるのです。

この重さを首は一所懸命支えているわけですね。

こうして、その状態が続くと鳴らそうと首をふる都度、首に強い痛みが走るようになってしまいます。

これは非常に危険な状態です。

ですから、首を振って音を出すことは、即刻止めるべきです。

 

実は、筆者もこの首を振って音を出すという癖がありました。

確かに音が出た瞬間は気持ちがよいのですが、時には首にギクッ!という激痛が走ることがあったのです。

そしてある時、柔道整復師さんと鍼師さん(いずれも名医の誉れ高い人です)に、この件をお話しました。

するとお二人とも、

「それは大変危険だから、絶対やめるべきです!」

とのことでした。

 

首こりに安全なマッサージとは?

前項のように、首こりには揉んだりマッサージしたりすることは、危険とされています。

とくに強く揉むのは、確かに危険性があるようですね。

しかし、マッサージの場合は、やり方によっては安全で、しかも首こりに有効なことがあります。

それを以下に紹介しましょう。

それが、『リンパマッサージ』です。

このリンパマッサージは、元々はスポーツ医学で、

筋肉を痛めないマッサージ

として行われていました。

強く揉んだり、つまんだりする通常のマッサージでは、筋肉本体を痛めることがあったため、このリンパマッサージが行われるようになったのです。

首のリンパマッサージ

耳の下から鎖骨にかけて、両手を使って左右交互に、あまり力を入れず静かにさすり降ろします。

首の反対側も同様にし、約10回ほど行います。

次は、首の後から鎖骨にかけて、同様に静かにさすります。

これも左右10回ずつおこないます。

その後は、肩の先から鎖骨の中央に向かって、鎖骨の上側と下側をさすりますが、両手でかわるがわる10回行います。

最後は、手首から脇の下までの内側と外側を5回ずつ、反対側も同様にさすります。

 

このマッサージで大事なことは、

『強く、あるいは無理にマッサージしない』

ということです。

強いマッサージは筋肉本体を痛める危険性があります。

まとめ

こりを改善するなら反りや保温で!

実は筆者も普段から首と肩と一緒に揉んでいたので、この噂を耳にして、ゾッとしてしまった一人です。

やはり首のこりは、なんとかしたいですよね。

この問題に警鐘を鳴らしている松井医師によれば、首を揉むのではなく、

『首を後ろに反らせたり、温めてあげればコリは解消できる』

とのことです。

ストレッチや温シップ・カイロでも効果がありそうですね。

また、首への負担をなくす意味では、適した高さの枕選びも重要と言えるでしょう。

高すぎず低すぎず、首のことを考えて、新しい枕を探してみるのも首こりの改善に繋がるかもしれませんよ。

336x280




336x280




\ シェアしてください /

-美容・健康

Copyright© My News23 , 2017 All Rights Reserved.