肩こりと同様に、首がこる人も多いと聞きますが、もしかしてあなたもそうですか?

肩はこったら揉めばいいので、首も同様にしてマッサージする人も少なくありませんよね。

しかし、肩とは違って首は実は揉んではいけない!という驚きの噂が舞い込んできました。

ただ首を揉むのが良くないというだけではなく、ある『危険』も孕んでいるらしいのです。

そこで今記事では、『首を揉む』と危険という噂の理由・原因を探っていきます!

スポンサーリンク

 

専門家も首を揉む・マッサージをするのはダメ!

悩む医師

首のこりという、ある意味、病気を改善するためにも行いがちな”揉む”という行為。

実は、その行為そのものが、逆に病気の原因になっていかも!?というのです。

この首を揉んではいけないことが話題になったのは、東京脳神経センター理事長で医学博士である松井孝嘉医師の『首は絶対にもんではいけない!』(講談社)の本に紹介されたときのことです。

この本によると、自己流マッサージはおろか、専用器具や、専門家(マッサージ師など)の手による行為であっても、首を揉むことは、即刻やめるべきなんだそうです。

素人が下手に首をマッサージすることで、病気に繋がるのかと思いきや、専門的ノウハウを持っている人でも首を揉むことは避けるべきとあります。

この首を揉むのがいけない理由は、首には『ある器官』が備わっているから、ということが分かりました。

 

自律神経の重要部分は首にあり!

首の痛い男性

首には自律神経を構成する『交感神経』と『副交感神経』が両方通っており、なおかつ、それらが正常に機能するためのバランス制御を行う場所が、首の後ろの頭の付け根あたりに存在するそうなのです。

交感神経は、活動時に、副交感神経は、リラックス時に体の機能を調整する役割を持っています。

その為、身体の現状が、今はどちらなのかを判断する機能が必要となります。

活動中の状態か、リラックスしている状態なのかを明確に察知し、神経のどちらを働かせると良いのか、という判断が行われるというわけですね。

その為、首を揉むという行為によって自律神経に刺激を与えてしまうと、このバランス機能が上手く働かなくなる可能性が出てくるのです。

昼間に活動中なのに、急に眠くなったり、リラックスしたいのに寝付けなかったり、という状態に覚えはありませんか?

これは身体の自律神経が、正しく機能していないことを示します。

それが生活習慣病などではなく、『自分で首を揉んでいた』所以だと言われると、ちょっとゾッとしてしまいますよね。

文字通り、自分で自分の首を絞めているんです。

 

首を揉むと血管にも影響がでる!?

苦しい男性

首を揉むことで、自律神経へ負担がかかるだけではなく、血管にも良くない影響を与えてしまうようです。

わかりやすい例が『血管の詰まり』です。

揉むことで血流がよくなると思いガチですが、首に限って言えば逆効果になる可能性がとても高いのです。

首の血管内部に溜まった老廃物などが、揉むことで剥がれてしまい、血管内に詰まりを起こしてしまうことも。

このため血管に負担を与えると、『脳梗塞』や『くも膜下出血』などの重病を引き起こす事になりかねません!

また、老廃物などは除去しなければ、年々溜まっていくものなので、ご高齢になるほど首を揉むのは注意が必要になってきます。

同時に、首を揉むことで『認知症』を進行させる恐れがあるということなでの、ご高齢の方は特に首を揉むことには気をつけた方が良さそうですね。

 

まとめ

こりを改善するなら反りや保温で!

いかがでしたでしょうか?

実は筆者も普段から首と肩と一緒に揉んでいたので、この噂を耳にして、ゾッとしてしまった一人です。

それでもやっぱり首のこりは、なんとかしたいですよね。

この問題に警鐘を鳴らしている松井医師によれば、首を揉むのではなく、首を後ろに反らせたり、温めてあげればコリは解消できるとのことです。

ストレッチや温シップ・カイロでも効果がありそうですし、普段の生活では、首を後ろに反らすことを念頭に置き、お風呂などで、じんわりと首を温めると、良さそうです。

また、首への負担をなくすという意味では、『適した高さの枕選び』も重要と言えるでしょう。

高すぎず低すぎず、首のことを考えて、新しい枕を探してみるのも首こりの改善に繋がると言えます。

また、首の疲れを感じたら、夜ふかしなどせずに、しっかりと休息しましょう。