季節ごとの服だけでなく、女性はメイクも季節によって、変えたほうが良いって知ってますか?

コスメが持つカラーや、雰囲気などは、季節によって合う合わないが存在するのです!

それはファッションにも同じことが言え、例えば冬に真っ青なコーデをしていると寒そうに見えますし、夏場に真っ赤な服だと、見ている方は、ちょっと暑苦しいですよね。

メイクも同じなのです。

とくに顔は、服よりもその人の印象を決める大切なポイントです。

せっかくなら悪い印象は持たせたくないですよね。

そこで今回は、秋にぴったりのメイクをご紹介します!

スポンサーリンク

 

おすすめ2015秋メイク1 アイシャドウはカーキやベージュで

アイシャドウ

まずはアイメイク。

とくに様々な色が出揃っているアイシャドウは、季節によって色を変えたほうが、印象として綺麗に見えることがあります。

秋のオススメは『カーキ』もしくは『ベージュ』です。

イメージとしては、落ち着きのある緑や、黄色というところでしょうか。

メイクの仕方としては、通常の塗り方に加え、下まぶたにも少しつけるというテクニックもありますね!

“アイシャドウ”の名前の通り、目元を影としての効果や、涙目のように見せることができます。

カーキは緑を茶色寄りにしたような色味なので、肌馴染みも良いですよ。

ベージュは言わずもがなですね!

また、どちらか一方ではなく、カーキとベージュの2色をともに使うというメイク方法もあります。

例えば、目尻から中央部をカーキ、目頭の部分にベージュを乗せてみましょう。

カーキや、ベージュだけでなく、緑や、黄色もアイシャドウの色味としては使えるので、こちらも試してみてくださいね。

(イメージとしてはより明るめになります)

 

おすすめ2015秋メイク2 唇は鮮やか&ダーク

リップ

アイシャドウで落ち着きのあるカラーを求めたように、リップも大人めカラーにするのが、秋のトレンドです。

ここでとくにおすすめなのが『プラムローズ』と『バーガンディ』。

プラムローズは、濃い目のピンクで、やや紫よりに感じる人もいるかもしれませんね。

一方、バーガンディは、少しくすんだ血色レッドというイメージ。

血色なので、肌なじみが良いのも魅力です。

またどちらも濃い目なので、鮮やかな発色をしてくれます。

そして、これらのリップを買い求めても、もちろん良いのですが、

「今あるリップがもったいない!まだ残ってる!」

という方にオススメなのが、『黒のグロス』。

グロスはリップの上から塗って、ラメや光沢を出すものですが、実は黒もあるのです!

今のリップの上から塗るだけで、ダークな仕上がりになっちゃうので、秋におすすめです。

持っているリップは、あなたの肌に合う色だと思うので、プラムローズやバーガンディが似合わない人は試してみてくださいね!

 

おすすめ2015秋メイク3 チークはさりげなく上に

チーク

頬のチークは、しっかり塗るのではなく、軽く押さえる程度が理想です。

秋のカラーは『ピンクベージュ』など、こちらも落ち着きを求めていきます。

あまりチークを目立たせたくない人は、ただのベージュや、夏に使っていたファンデーションより、少し濃い目のパウダーファンデーションなどでもいいかもしれません。

チークの塗り方ですが、頬骨を目安に、斜めのラインを引くようにして、さっと塗りましょう。(上の画像の通りです)

塗るというよりも、「トン!」とパフする程度で十分なのです。

チークを塗ったら、周囲となじませるために、ぼかすのもポイント。

チークを塗ったか塗らないかという程度の方が、大人っぽく見えます。

ナチュラルメイクや、ヌーディメイクをしたい方にもおすすめの方法ですね。

 

おわりに

いかがでしたか?

秋メイクの共通点は、落ち着きのあるカラーのようですね。

ダーク系などというものの、それでいて暗い雰囲気になってしまわないところが素敵です。

秋は、『可愛い』というより大人の女性としての美しさが際立つことが感じられるメイクを心がけましょう。

ファンデーションなどのベースは、特に秋だからということはなく、普段使っているコスメで十分です。

もしダークさが気になる場合は、ファンデーションを明るめにしたり、優しい色合いにすると良いですよ。

普段は可愛い系のメイクをしている方も、この秋は大人の女性を演出してみませんか?

まさかのイメチェンに周囲もあっと驚くかもしれませんよ!