ニキビは、洗顔と保湿によって、治せる可能性が高い肌荒れです。

それゆえに、市販されているどのニキビケアアイテムを選ぶのかという点も重要なポイントなりますよね。

そもそも人間の肌は個人個人で違いますし、それに合わせてコスメもかなりの種類が出回っています。

その中で、自分に合うコスメが何かを、実は理解していない可能性も多分にあるでしょう。

そこで今回は、コスメ(保湿)に絞って、おすすめのニキビケアアイテムをご紹介していきます!

スポンサーリンク

 

ニキビを治すコスメ1 ハトムギ化粧水

ハトムギ化粧水

まずはナチュリエの『ハトムギ化粧水』です。

ハトムギ化粧水という名前は、他のメーカーも出していますが、評判が特に良いのがナチュリエ製です。

500mlという大容量なので、1度にたくさん使うことができ、コスパも良いのも人気の理由ですね。

塗布した後は、さっぱりとした仕上がりになるので、それを

「しっとりしない」

「乾燥っぽい」

と感じるかもしれませんが、それだけ肌への浸透が早い化粧水なのです。

肌になじんだら、もう1回ハトムギ化粧水を付け、その後で乳液を塗るという重ねづけもおすすめ。

 

ニキビを治すコスメ2 アミノモイスト モイストチャージ ミルク

コスメ

続いては ミノンの『アミノモイスト モイストチャージ ミルク 』。

こちらは乳液ですが、ベタつきがない点が特徴です。

それでいて夜に使っても、翌朝まで肌はしっとりしています。

目元など、気になる箇所には重ねづけもとても有効です。

乳液がなかなか乾かず、手や髪にくっつくのが嫌、寝るときに枕を汚すことが気になる、という方にとくにおすすめですね。

ベタつきのなさから、ファンデーションとの相性が良く、よれないなど、メイク前のスキンケアとしても重宝されています。

コスメには珍しいポンプタイプで、片手で液を出せる点や、『ワンプッシュ』という分量が解りやすいのも便利です。

このアミノモイストは、シリーズで化粧水なども出ていますので、それも合わせて購入するのも良いですね。

 

ニキビを治すコスメ3 ローション(キュレル)

コスメ

医薬部外品のコスメとして有名な、キュレルの『ローション』もおすすめです。

乾燥肌で、かつ敏感肌の方も多いと思います。

キュレル製品であれば敏感肌にも優しいですし、肌の奥深くまで成分を行き渡らせることができるので、しっかりと肌の保湿とケアができますよ。

専門性の高さ故に、価格は少し高いですが、同じキュレル製品の乳液や、美白効果付きの化粧水などもあるのが便利です。

全身に可能なので、体にニキビが出来てしまう人もぜひ。

小さなお子さんなど家族と一緒に使うこともできますよ。

 

ニキビを治すコスメ番外編 牛乳石鹸(青箱)

コスメ

今回のニキビ対策は、保湿系で!とはじめに言いましたが、最後に洗顔の方でも1つニキビケア商品をご紹介します。

これは、l厳密には『コスメ』とは呼ばないかもしれませんね。

カウブランド の『青箱 (さっぱり)』です。

石鹸なので、さっぱりとした洗い上がりかと思いきや、洗顔後の肌が、かなりしっとりします。

さっぱりタイプの青箱でこれなので、しっとりタイプという赤箱は、もっと凄いのでしょう。

もちろん全身に使うことができます。

ボディソープではなく、この石鹸をお風呂場に置くのもありかもしれませんね。

他の洗顔料と比べて安く、コスパの点でもおすすめです。

 

終わりに~気になったらトライアルから

キュレルや、アミノモイストは比較的コスパが悪いのですが、その代わりにトライアルセットが用意されているのが魅力です。

現品を購入するよりも当然安いですし、1アイテムだけではなく、化粧水・乳液・美容液などなど、関連アイテムがいくつかまとめて入っているのが、嬉しいところですね。

トライアルは、もちろん少量なので、それだけでニキビケアになるような効果が感じられるかどうかは個人差があります。

当然、中には現れない人もいますが、もしあなたにはニキビケア効果が現れてきたら、現品の購入を決めてしまってもよいのかもしれません。

値段が安くても、ニキビが改善しなければ意味がありませんし、自分に合うニキビケア商品がなかなか見つからないこともありますので。

また、洗顔も重要なニキビ改善ポイントです。

コスメだけでいくらやっても無駄だったのなら、洗顔アイテムや、洗い方にも目を向けてみてくださいね!