サッカーファンならば、もはや誰もが知っているスーパースターのリオネル・メッシ。

このメッシ選手の最近の華々しい活躍などについて知っている方は多いと思いますが、彼がこれまで歩んできた過去、プライベートについて、きちんとわかっているファンがどれだけいるのでしょうか?

そこで今回は、そのメッシ選手について、これまでのサッカー人生から成績、周囲からの評価といった情報をまとめてみました!

スポンサーリンク

 

メッシのプロフィールとサッカーの成績

メッシ
メッシ

テレビなどでは、「リオネル・メッシ」などと呼ばれていますが、実は本名は、

リネラル・アンドレス・メッシ・クッチッティーニ

です。

1987年6月24日に生まれ、アルゼンチン・サンタフェ州ロサリオの出身です。

現在は、スペインのリーガ・エスパニョーラのFCバルセロナに所属し、またアルゼンチン代表としても活躍していることは、皆がご存知のことでしょう。

メッシのポジションはFW。

メッシのFCバルセロナにおいての成績は、

3度UEFAチャンピオンズリーグの優勝

6度のリーガ・エスパニョーラの優勝

に貢献しています。

メッシ本人も4度連続で世界最優秀選手賞FIFAバロンドールを受賞しています。

メッシのアルゼンチン代表としての成績は、

2014年のFIFAワールドカップ準優勝

2015年の南米のコパアメリカ2015準優勝

に貢献しています。

リーガ・エスパニョーラや、チャンピオンズリーグでは大活躍し、メッシは何度も優勝に貢献していますが、アルゼンチン代表としては、いいところまでいくものの、大きなタイトルをつかむことができていないのが、若干残念なところでしょうね。

 

サッカー界のスーパースター・メッシのサッカー人生は?

メッシ
メッシ

メッシは、5歳のときに父親がコーチを務めるサッカークラブで、本格的にサッカーをはじめました。

1995年には、地元のチームであるニューウェルス・オールドボーイズに入団。

しかし、その後、10歳のときに成長ホルモンの分泌異常の症状(低身長)が発覚し、この病気がきっかけで名門リーベル・プレートへ入団することになりました。

メッシが、サッカー選手の中でも低身長である理由は、この病気にあったというわけです。

メッシには、2001年に最も大きな転機が訪れます。

そう、FCバルセロナへの入団です。

当時、監督だったカルロス・レシャックが、メッシのプレーを一目見て、その凄い才能と、将来の可能性がわかったと言います。

メッシを見込んだバルセロナは、メッシを呼ぶために、その年の3月1日に、家族そろってバルセロナに移住することと、メッシの病気の治療費をバルセロナが全額負担することを条件に入団が決まりました。

メッシの病気の治療の結果、身長は170センチになんとか到達します。(プロ選手の中ではかなり低い)

メッシが17歳の時、2004年10月16日にリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンにてデビュー。

翌年の5月1日にメッシは初得点を決めています。

 

メッシのサッカーのプレースタイルは?

メッシ

メッシは、攻撃的な選手としては、ほとんど万能なスタイルといって良いでしょう。

万能な中でも特にドリブル技術は、とても高く、メッシ本人も

「僕にとってボールをパスするのは難しいことだったんだ」

と、述べています。

フランク・ライカールト氏(バルサ監督時代にメッシを指導した)が、メッシにボールを離すことをアドバイスするほどです。

つまり、それくらいメッシは、ドリブルが得意だということです。

ドリブルの能力と同様に、パスのセンスにも高いレベルを感じることができます。

スピードにも優れており、DFの裏をかく技術も身についています。

セットプレーのキッカーとしても、高い技術を持っています。

ですから、メッシはFWだけでなく、MFとしても超一流のレベルを持っているといえます。

メッシは、本来は右ウィングの位置でプレーをしますが、グアディオラ監督時代の0トップ布陣のときには、中央に移動し、なおかつFWよりも下がった位置、という特別なポジションでプレーをしました。

その当時は、周囲との細かい連係、速いパス回しから来る、素早いラストパスに反応することにより、メッシはゴールを量産しました。

2014年に、ウルグアイ代表のルイス・スアレス選手が加入して、再び右ウィングの位置でプレーをすることに戻っています。

 

メッシのサッカー選手としての評価とは?

メッシ

メッシは、本当に高い評価を受けています。

まさに「世界一のサッカー選手」と呼ばれるのに、ふさわしい選手です。

例えば、元マンチェスター・ユナイテッドの監督だったアレックス・ファーガソン氏は、

「ロナウドとは違うタイプの選手で、素晴らしい選手であることに疑いはない」

と、述べて、クリスティアーノ・ロナウド選手と同様にサッカーに対して真摯に取り組み、高い技術を持つ選手であることを認めています。

現在もイングランド・プレミアリーグのアーセナルFCの監督でアーセン・ヴェンゲル氏も

「リオネル・メッシは2位以下を大きく引き離して世界のトップにいる」

と述べ、またドリブルの技術を

「危険極まりない脅威」

と表現しました。

 

メッシの彼女は?結婚している?

メッシ

最後にメッシのプライベートを見てみましょう。

『メッシが結婚しているのか?』

という点については、はっきりとしたことはわかりませんでした。

しかし、現在Antonella Roccuzzoさんと付き合っており、2012年には息子も生まれています。

Antonellaさんは、一般の女性で故郷ロサリオで知り合いました。

メッシの幼馴染だったようです。

メッシ曰く、

「彼女は物静かな人、僕より小柄で、僕と同じくらい内気、つらい時一生懸命励ましてくれる」

と述べて、Antonellaさんを心から愛していることを示しました。

 

おわりに

今回は、サッカー界のスーパースター・メッシについて書かせていただきました。

筆者が感じることは、メッシは『素朴』ということです。

どういうことかというと、サッカーが上手で有名でお金があるにもかかわらず、派手な女性関係などはなく、一般の女性と良い関係を築いているからです。

よく聞かれる、お金をたくさん持っており有名ならば、もっとたくさんの女性と関係を持っても不思議ではありませんよね。

それこそ、メッシと双璧をなすと言われる、クリスティアーノロナウドのように。

しかし、メッシは違うのです。

そのあたりが『謙虚』で『素朴』で、素晴らしいなと、感じた次第です。