夏には子供がかかりやすい病気がいくつかあります。

しかも、子供だけでなく大人でも、その病気にかかってしまうことが問題となっていますね。

いずれの病気も似たような症状が現れているので、混同しやすいのですが、それぞれ対処法が異なったり、症状自体にも僅かに違いが見られることもあるようです。

発症後は、すぐに病院に行くことができれば良いのですが、発症先が外出先であったり、かかりつけの医院が休日だったりすると、少々困ってしまいますよね。

そこで今回は、自分自身でも夏の病気を見分けられるように、類似する病気を例に症状と、その対策法を紹介していきます!

スポンサーリンク

 

ヘルパンギーナと手足口病の症状は?

夏の病気として、今回は『ヘルパンギーナと手足口病』を取り上げてみます。

まずヘルパンギーナは、“1歳から4歳の幼児”に多く見られる病気です。

それ以上の年齢でもかからないというわけではありませんが、特にこの年齢のお子さんがいる場合は注意しましょう。

ヘルパンギーナの主な症状は、『熱』であり、熱が38度以上の高熱になってしまうことも少なくありません。

その他、”口や喉の内部に腫瘍”ができ、それが痛みを伴います。

ヘルパンギーナの原因菌は、『エンテロウイルス』と呼ばれるもので、咳やくしゃみなどの飛沫感染や、接触感染によって他者に感染していきますので、なるべく多くの人々がいる所には近づかないようにしましょう。

一方の手足口病についてですが、こちらは“5歳以下の子供”に多く発症します。

苦しそうな子供

ヘルパンギーナよりは、少し年齢層が広くなっていますね。

その名前の由来は、『手足口に水泡性の麻疹』が現れることから手足口病と付けられているのです。。

ヘルパンギーナと同じく手足口病でも熱が出ることもありますが、38度以上の『高熱になることはあまりありません』

手足口病の原因菌は、こちらもエンテロウイルスです。出掛けることは控えましょう。

 

ヘルパンギーナと手足口病の大きな違いとは?

医師

ぱっと見で同じような症状に見える『ヘルパンギーナ』と、『手足口病』。

この両者にも決定的な違いがあります。

まず症状としては、ヘルパンギーナは熱が主、手足口病は麻疹が主なのです。

そして熱もヘルパンギーナは、高熱になることが多いのに対し、手足口病の場合はそうでもありません。

いずれも感染症に属しますが、ヘルパンギーナは潜伏期間が2日から4日と短い期間に対して、手足口病は3日から1週間ほど潜伏しています。

その為、手足口病の方が、いつどこでかかったのか分かりにくいことも特徴に挙げられますね。

 

ヘルパンギーナと手足口病の対処療法は?

ヘルパンギーナと手足口病の共通点として、現在の医学では

『確実に治せる治療法や特効薬が存在しない』

ことも挙げられます。

では不治の病なのか?というと、そういうわけではなく、例えば症状が熱なら熱、麻疹なら麻疹と、”発生した現象に対して治療をする”『対処療法』で対応します。

ヘルパンギーナと手足口病

軽度の熱であれば、保冷剤などで体を冷やすだけでも回復しますし、解熱剤も有効に作用するでしょう。

また発熱時は、汗も多くかきますから、水分補給も念入りに行いましょう。

麻疹などの皮膚病に関しては、炎症を抑える塗り薬などが良いですね。

これらはドラッグストアなどで販売されている市販薬でも効き目があるので、万が一のためにこれらを常備薬として購入しておくと応急措置がしやすくなりますよ。

但し、なかなか熱が引かないなど、症状が悪化した場合は、すぐに病院で診察を受けましょう。

 

ヘルパンギーナと手足口病を放置しておくと合併症の危険!

医師

ヘルパンギーナと手足口病には、特効薬がないとしても、

『いずれは治るのだからそこまで心配しなくても良い?』

そう安易に考えてしまうのは、少々危険です。

これはなぜかというと、ヘルパンギーナも手足口病も、症状が長く続くことで、その他に牽引される病気『合併症』があるからです。

ヘルパンギーナの場合は、『髄膜炎』や『心筋炎』、手足口病の場合も同じく『心筋炎』や『急性脳炎』などが、合併症に該当します。

これらは早急に病院での治療が必要となりますから、ヘルパンギーナや手足口病によって、合併症が引き起こされる前に必ず完治するように努めましょう。

 

おわりに

いかがでしたか?

傍目に見ると、同じように見える病気ですが、実は異なるものなのです。

もし手足口病であるにも関わらず、高熱が先に出てしまっていたら、ヘルパンギーナと間違えているかもしれませんよ。

とはいえ、熱が出たのなら下げれば良いという治療方法は変わらないので、この場合は、少しでも熱を下げる努力をしてもOKです。

どちらの病気も対処療法しかないことは、逆にあれこれ考えずに済むというメリットがあるようにも感じますね。

逆に特効薬があったとしたら、家で出来ることを何もしないで病院に駆け込んでしまいそうな筆者です(苦笑)。

冒頭で少し触れましたが、該当年齢以上の子供や、大人もかかることがあるそうなので、皆さんも十分に注意してくださいね!