スーパーマン・バットマンといえば、共に世界に誇る映画作品であり、その作品から生まれた正義のヒーローですよね。

完全なる正義の使者というイメージの強いスーパーマンと、デビルマンの様に悪を懲らしめるには、強烈な悪のインパクトを与える目的で『悪の象徴』という意味合いのコウモリをモチーフにしたヒーローであるバットマン。

スタイルは違うものの、同じ目的に向かうヒーロー二人が、『vs』という形で、今回映画化されるみたいです。

果たして、『バットマンvsスーパーマン』は、どんなストーリーとして描かれていくのでしょうか?

また、キャストや映画の公開日も気になりますので、本記事で迫っていきます!

スポンサーリンク

 

アメリカの2大ヒーロー『バットマン』と『スーパーマン』が対決!

みなさんは、スーパーマンやバットマンのことをご存知ですか?

おそらく大半の方が『そんなの知っている!!』と返答されると思います。

アメリカ映画が生んだこの2大ヒーローは、世代を超えて多くの人から愛されるスーパーヒーローとして、あらゆる形態をとって登場し続けています。

スーパーマンは、パチンコ台の題材にも使われていますし、バットマンもキャラクターグッズはもちろんのこと、バットガール(バットマンの女性バージョン)が登場する映画・アニメなども放映されています。

アメリカ映画が生んだヒーローは、確かに、アイアンマンやスパイダーマンなどたくさんいますが、最も人気が高いのは、スーパーマンとバットマンだと筆者は考えています。

そんな絶大の人気があるスーパーヒーロー二人が、なんとコラボ作品として登場し、しかも対決するというのです。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』がその映画タイトルで、すでに予告動画も公開されているというのです。

筆者もこの予告動画を拝見しましたが、実に衝撃的な展開が待っているような映画となっているのだろうと想像出来、今から映画公開が非常に楽しみです。

ぜひ、2大スーパーヒーローならではの対決を私達ファンに見せてほしいものですね。

 

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』のストーリー

バットマンvsスーパーマン

まだ全貌は明らかになっていませんが、今回の、『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』の予告動画から、簡単なストーリーも見えてきましたので、ここで、筆者なりに、どんなストーリーの映画なのか軽くご紹介させていただきます。


 

過去に起こった地球の危機を何度も救い、人々に平和をもたらしてきたスーパーマンですが、平和が訪れた地球では、彼のその強大すぎて、恐れられてしまうようになりました。

そして、その強大な力が『いつか暴走するのでは?』と恐れた人達は、英雄であるはずのスーパーマンを

「帰れ!」

「偽の神」

と罵る様になります。

そんな中、登場したのがもう一人の英雄バットマン。

彼は、平和によって逆に混沌と化した、この世界を何とか救うために立ち上がったのです。

はたしてスーパーマンとの対決の中で、バットマンは本当の正義をジャッジし、地球の人々に再び本当の平和をもたらすことが出来るのでしょうか?


 

以上が簡単な、この映画『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』のストーリーとなります。

もちろん、全貌が明らかになっていないため、どんな対決が繰り広げられるのか、地球の人達がスーパーマンを『悪』として、貶していくのか、その様子はまだ全く分かりませんが、少なくともこれまでの図式が完全に入れ替わることだけは確かなようです。

バットマンが完全ヒーローとして立ち上がり、スーパーマンがダークヒーローとして標的になる…

まさに今の世の中の縮図を見せられているような気がしますね。

これは、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』の中でよく描かれている世界観ですが、人間が、贅沢のために、工業用水などで地球を汚染し、自分たちの都合で生きていくために妖怪たちの住処までも奪っていく…。

そして、妖怪たちが人間達に対して、反乱をおこして悪さをするというシーンをたびたび見かけます。

もちろん、全てが悪というわけではありませんが、やはり人間は弱いもので、自分たちの都合によって、他の生物達にとって悪いと思われることでも、それを無視し善と捉え、本当に正しいものを悪として捉えてしまう傾向があります。

その最も代表的なものとして挙げられるのが、戦争はOKでもテロはNGという話。

いずれもただの無差別殺人行為にしかならないものであり、どちらも悪の対象でしか無いのに、自分たちを護るためなら、何の罪もない相手国の小さな命までも奪い取って、正しいと言い切るのは、自分勝手でおかしな話ですよね。

そのくせテロは絶対に許さない…

あまりにも自分勝手としか言いようがない行為だと、筆者は考えてしまいます。

確かにこのような話は、本当に耳の痛い話なので、これ以上はやめておきますが、少なくとも今回の映画は、こんな人間の弱い部分も含めていろいろ考えさせられる様な気がします。

バットマンやスーパーマンの往年のファンだけでなく、これから映画で『バットマン』や『スーパーマン』を初めて見るという方にも存分に考えながら楽しめる映画だと思いますので、ぜひ公開日には映画館でご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

『バットマン vs スーパーマン』の公開日やキャストは?

何かと話題の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の映画公開日ですが、2016年3月全国ロードショーということなので、もうしばらく公開日まで期間がありますが、その分おもしろい映画に仕上げてくれると思いますので、公開日を楽しみにしたいところですね。

さて、今回の映画『バットマン vs スーパーマン』のキャストですが、スーパーマン(クラーク・ケント)役には、これまで演じ続けてきたヘンリー・カビルが続投し、バットマン(ブルース・ウェイン)をベン・アフレックが演じるそうです。

また、スーパーマンとバットマンの間に入ってくる女性ヒーロー:ワンダーウーマン(ダイアナ・プリンス)にガル・ガドットが演じます。

(左から)ヘンリー・カビル・ベン・アフレック・ガル・ガドット
(左から)ヘンリー・カビル・ベン・アフレック・ガル・ガドット

その他、エイミー・アダムス、ローレンス・フィッシュバーン、ダイアン・レイン、ジェシー・アイゼンバーグ、ホリー・ハンターも出演されるとのこと。

これだけの豪華キャストが織りなす今回の映画『バットマン vs スーパーマン』が、世の人達に、どのような印象を与えるのか、また素晴らしい映画として公開されるのか、非常に楽しみです。

この『バットマン vs スーパーマン』がどんな面白い映画なのか、気になる人は、公開日に劇場で体感してみてくださいね。

 

まとめ

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』が2016年3月に公開され、キャストも今までのスーパーマン・バットマンのキャストたちや、新たに変わったキャストなど、ハリウッドの豪華絢爛な役者が集結し、まさに今まで以上のヒーローバトル映画が展開されるようです。

ストーリーもスーパーマンがダークヒーローとして描かれていくらしく、正義のあり方が真逆にあるスーパーマン・バットマンが対決していくという、人間としてのいろんなことを考えさせられながらも、一風変わった映画として描かれていきそうです。

みなさんも、この斬新な映画をぜひ劇場でご覧下さいね。