『マクドナルドでスムージーが飲める!』

これまでそういうおしゃれな商品が発売されたこともありませんでしたし、筆者としても正直びっくりな展開ですが、実は、『マックカフェ バイ バリスタ』というマクドナルド内の専用ブースを構えている一部の店舗で販売される商品があったのです。

筆者の住んでいるエリアでは、このような専用ブースは無いので、全く今まで存在そのものを知りませんでしたが、なんだかすごく気になります。

そこで、本記事で、現在話題となっているマクドナルドの『桃のスムージー』の発売期間や価格、カロリーなどをご紹介いたします!

スポンサーリンク

 

マクドナルドでもカフェスタイルを楽しむ時代

マックカフェバイバリスタ

みなさんは、マクドナルドに専用バリスタブースが設置され、スターバックスのようにコーヒー・カフェラテ・エスプレッソを楽しむだけでなく、ショートケーキやドーナツなども楽しむ事ができることをご存知でしたか?

まだ、全国で94店舗(2015年2月24日現在)しかなく、長野、福井など一部の都道府県には、未だ出店していないところもあるくらいなので、全国的にはその存在そのものを知らない方も多いようです。

元々は1998年に東京恵比寿に同じような、こだわりコーヒーや、マフィン・デザートを楽しむための専用ショップを出店したことを皮切りに、合計3回出店計画が進められていたのですが、スターバックスなどの登場によって3回とも失敗に終わっていました。

今回は、4度目のマクドナルドの挑戦として、2012年7月に原宿に『バリスタブース付きのマクドナルド』をオープンさせたとのこと。

話によると5カ年計画で、日本全国のマクドナルドチェーン店の3割に当たる約1000店舗に、この『マックカフェ バイ バリスタ』を導入予定でいるそうですが、正直存在そのものがあまり知られていないだけに、本当に5年で1000店舗まで導入できるのかと疑問も…

それもそのはず、筆者の住んでいるエリアに無いというだけならまだ分かりますが、テレビCMなども見たことがありませんし、大々的に広告はされていないようなので、口コミなどでどこまで広がっていくかが勝負どころですね。

スターバックスは、既に完全に日本全国で浸透されていますし、一つ間違えば、またスターバックスに押されて撤退もありえるかもしれません。

特に、マクドナルドのチェーン店そのものが、6月いっぱいで一挙に撤退するという噂が出ている状況下で、『マックカフェ バイ バリスタ』まで失敗に終わってしまえば、それこそ身も蓋もない話。

一応この約3年という期間で、94店舗までオープンさせてきているのですから、今度こそ失敗はしないと思いますが、ぜひともスターバックスと肩を並べるような、人気カフェに成長させ、衰退しつつあるマクドナルドの起爆剤になってほしいものですね。

さて、この『マックカフェ バイ バリスタ』の気になる販売商品ですが、先ほどもご紹介したとおり、主なところは、スターバックス同様、コーヒー・カフェラテ・エスプレッソなどのこだわりコーヒーや、デザートが中心です。

ただ、スターバックスと違うのは、デザートのその顔ぶれにあるようです。

どちらかと言うと、あっさりしたような朝の食事に合わせた印象が強いスターバックスに対して、マクドナルドは、ガッツリとデザートを楽しむという濃厚なベリーソースのかかったショートケーキなど、スイーツ女子が大満足出来るようなメニューが多いようです。

まだまだ『マックカフェ バイ バリスタ』の認知度は低いままですが、これから期待していきたいですね。

 

『マックカフェ バイ バリスタ』から桃のスムージー発売

桃のスムージー

先ほどご紹介した『マックカフェ バイ バリスタ』から、新商品として桃のスムージーが発売されるということで、ネット上で何かと注目されているそうです。

アメリカのスタバでは、スムージーが発売されているという話はありますが、日本ではまず見たことがありませんし、コーヒー専門ショップでスムージーが登場するというのは、実に画期的なことだと思います。

さて、気になる『マクドナルドの桃のスムージー』についてですが、この夏限定で発売される商品となっており、ピーチビューレのシロップに桃の果肉がごっそり入っているようです。

単純に体に良いドリンクというイメージではなく、パフェに近いような印象をあたえるスムージーと言えそうですね。

特に、クリームや他のトッピング(果物やチョコチップなど)は一切ないみたいなので、単純に桃の味を満喫したい人にはおすすめです。

なお、マクドナルドにて、6月30日から発売開始され、8月中旬まで発売されるとのことなので、『桃のスムージー』が気になる方は、ぜひ、お近くの『マックカフェ バイ バリスタ』で購入してみてくださいね。

 

『マクドナルドの桃のスムージー』の価格・カロリーは?

6月30日~8月中旬まで発売される、桃のスムージーがどんな商品なのかは分かりましたが、次に気になるのは、その価格やカロリーだと思います。

まず、価格は、

  • Mサイズが430円(税込)
  • Lサイズ470円(税込)

と、マクドナルドの商品にしては、若干高めの印象です。

しかし、大きな桃の果肉がたくさん入っているという話ですから、この価格設定にも納得できるのかもしれませんね。

一方で、『桃のスムージー』のカロリーは、

  • Mサイズ192Kcal
  • Lサイズ271Kcal

となっています。

まぁ、具材は桃のみなので、極端にカロリーが高いというわけではありませんが、やはり飲み過ぎには注意が必要ですね。

どんな味なのか体感する分には、それほど気にするカロリー数ではありませんので、みなさんも、マクドナルドの新たなスムージーを、一度体感してみてくださいね。

 

まとめ

『マックカフェ バイ バリスタ』が、2012年7月、原宿にオープンしたのを皮切りに、現在までに94店舗がオープンされ、そのカフェ専用ブースにて、2015年の6月30日からの夏限定で『桃のスムージー』が発売されます。

『桃のスムージー』は、純粋にピーチビューレのシロップに桃の大きな果肉がごっそり入ったスムージーで桃を満喫したい方にはぴったりといえそうです。

『桃のスムージー』の発売期間は8月中旬までとなっており、価格・カロリー数は、Mサイズ430円で192Kcal、Lサイズ470円で271Kcal(共に税込)です。

若干高めの価格ですが、カロリーはそれほど高くないので、試しに1杯飲んでみるのは良いのではないでしょうか。

気になる方は、この機会に一度試してみてくださいね。