夏の病気というと、真っ先に熱中症が思い浮かぶと思いますが、その症状には他の病気と類似する点も多く、症状だけを見て、一概に熱中症に罹ってしまったとは言い切れないのだそうです。

そんな熱中症と類似した症状が出る病気の1つに『自律神経失調症』があります。

なんだかもう、この病名からして不安にさせるようなイメージを連想させますよね。

『自律神経』が『失調』してるって…。

さて、この『自律神経失調症』は、夏に罹りやすいという話もあります。

熱中症と同様に、ここはしっかり対策をして、『自律神経失調症』に罹ってしまうことは避けたいところ。

今回は『自律神経失調症』の症状の詳細と、対策例としてダイエットを兼ねたおすすめの方法を当記事で紹介していきます!

スポンサーリンク

 

自律神経失調症の症状とは?

まず、今回の題目である『自律神経失調症』になると、以下のような症状が身体に起きます。

  • 特に理由があるわけでもないのになんだかだるい
  • 頭痛が一定間隔で起きる
  • めまいがする

『自律神経失調症』の主な症状はこの3つですが、さらに細かい症状を見ていくと、以下のような身体の不調が起こることがあります。

自立神経失調症

熱中症でも、これらの症状が身体に起こるので、病気が『熱中症』『自律神経失調症』のどちらなのか解らず、素人目には対策に困ることもあるそうです。

 

自律神経失調症に罹る原因は冷え!

自立神経失調症

『自律神経失調症』は、元々の体質や性格、ストレスなどの精神的負担によっても発症します。

とくに夏に『自律神経失調症』に罹る原因として多いのが、『冷え』による発症です。

「夏に冷えるの!?」

と驚かれる方もいるかもしれませんが、室内の冷房の温度設定を低くし過ぎたり、冷たい飲食物ばかりを摂取していると、夏でも身体は簡単に冷えてしまいます。

いわゆる『夏冷え』の症状ですね。

気温は高いにも関わらず、身体が冷たい、温かくならないという経験はありませんか?

屋外との気温差が激しい昨今では、暑い場所から涼しい場所に移動をすることで、その温度差に身体がついていけず、夏冷えになることもあるのです。

また、身体の表面の冷えは、自分でも気が付きやすいのですが、身体の内側、体内の冷えに関しては、自分では気付きにくいものです。

お腹などを触ってみて、表面が冷たくなっていれば、それはもう体内まで夏冷えしている可能性が高いと思ってください。

 

骨盤刺激で身体の内側から温めよう!

そんな『自律神経失調症』に効くダイエットエクササイズがあります。

骨盤を中心にエクササイズをするスタイルで、身体を内から温めて自律神経に働きかけるのです。

身体を動かすことに加え、保温と自律神経への刺激で、ダイエット効果も期待できるお得なエクササイズとなってます。

そのエクササイズのやり方・方法は、まず

  1. タオルを用意
  2. タオルを細く捻ったら、お腹から腰にかけての位置で巻く
  3. 両端は骨盤の中心にあると言われる仙骨で捻って止める
  4. タオルをゆっくり上下に動かして刺激する

たった、これだけなのです。

同じように首にも巻きつけて動かしたり、耳の裏にタオルを当てて動かす方法でも自律神経は刺激されるので、ぜひやってみましょう。

上のエクササイズの解説動画を見ながら行うと、よりわかり易いと思います。

普通のタオルでは小さいので、スポーツタオルなど長めのものを用意すると便利ですね。

 

休憩中にも身体の冷えを治そう!

冷えが気になる女性

上記で挙げたダイエットエクササイズは、比較的軽い運動とはいえ、延々と運動を行っていては、その内に身体が疲れてしまいます。

そのためエクササイズ間で休憩を挟み、休憩中のリラックスタイムでも、”冷え”を治療することで、エクササイズのダイエット効果をさらに強めることが可能です。

例えば、冷えの簡単な治療方法に挙げられるのは、温かい飲み物です。

沸騰してすぐのような高温の飲み物でなくて構いませんが、高い温度に保った飲料をなるべく飲むようにしましょう。

熱い飲み物が苦手という方は、普段は氷を入れているような飲み物を、氷を入れることをやめ、ただ常温で飲むだけでも効果は出てきますよ。

また生姜など、摂取することで身体が温まる食材を使った飲料も良いですね。

冬に飲む生姜湯や、ホットレモンなどが、その良い例でしょう。

このように熱い飲み物を”夏に飲んではいけない”ということはありません。

夏の冷えが気になる方は、ぜひこの”熱い飲み物を飲む”という単純な治療方法を試してみてください。

また、辛い食べ物が苦手でなければ、唐辛子などの香辛料を調味料として、多くを食事にとり入れることもおすすめです。

 

おわりに

いかがでしたか?

『自律神経失調症』でなくても、夏は、その暑さから”だるさ”を感じがちです。

今回の対策は、ただのだるさの解消にもうってつけかもしれませんね。

エクササイズ自体が気分転換にもなりますから、身体だけではなく気持ちの面で辛い時や、ボーっとしてしまう時には、一度やってみましょう!