ダイエットの方法は様々ですが、基本的に食事制限をする人は多いと思います。

普段食べているものをやめて、身体に良いと言われる必要な栄養素を積極的に摂ったり、完全に食事をやめないけれど、その量を減らしたりなどですね。

ただそれでは、ストレスを抱え込んでしまうこともしばしば。

そんな中、『ちょっと食べ方を変えるだけで痩せる』という話があるんです!

普段の食事のままで、『食べる順番を変えれば痩せる』のであれば、好きなものを食べられないストレスはなくなりそうですよね。

今回は、そんな食事の食べ方を変更するダイエットをご紹介します!

スポンサーリンク

 

食べる順番ダイエット1 汁物

味噌汁

食事の中にスープや味噌汁などがメニューにある場合は、まず最初に手をつけましょう。

量の多くて、全体的に水分でできているため、お腹に溜まり、脳が『満腹感』を感じやすくなります

1回の食事でガツガツと、たくさん食べてしまう人にはありがたいですね。

 

食べる順番ダイエット2 サラダ

サラダ

正確には、『食物繊維を多く含む食材』を汁物の次に食べます。

キャベツやレタスなどの野菜が入ったサラダや、ヒジキやワカメなどを用いた小皿料理などが代表的ですね。

食物繊維はダイエットをしている方なら見逃せない栄養素でもありますから、率先して取り入れたいところ。

また、野菜や海藻類は『ビタミンやミネラルも豊富』なので、健康面へも効果が期待できます。

空腹時に先にこうした栄養素を取り入れることで、確実に体内に届ける意味もあるのです。

 

食べる順番ダイエット3 メインディッシュ

肉

続いては、肉や魚と言った『メインディッシュ』です。

こちらは、タンパク質を摂取するというイメージですね。

肉類は脂肪分が多い食品も多いですが、先ほどのサラダ等で食物繊維を摂っているので、脂肪の吸収を抑えてくれますから、ここは安心して食べられます。

 

食べる順番ダイエット4 ライス

ライス

食事の中で、一番最後になるのが、ご飯やパンなどの『炭水化物』です。

実は炭水化物には、食物繊維とは真逆の効果『脂肪を付きやすくする』という嫌な効果があります。

極端な話、上の順番は変更しても、炭水化物を最後にするという点だけ守れば、ダイエット効果は現れてくるはずです。

 

ダイエット中の外食のおすすめは定食系!

定食

さて食事の望ましい順番がわかったとしても、自分で料理ができる家ではともかく、予めメニューが決まっている外食時には、何を選べば良いのか困ってしまう人もいるかと思います。

もし、お店あるいはメニューに選択肢があるのなら、定食系の料理を頼むと、食べる順番ダイエットはしやすいですね。

なぜなら定食系はご飯とメインディッシュが別々ですし、汁物と野菜料理もついているからです。

『ちょっとでもメニューのラインナップが崩れると、どれから食べていいか分からなくなってしまう』

そんな人は定食系を中心に食べましょう。

また、『丼もの』など、ご飯とメインディッシュが混ざっている場合は、先にメインディッシュを片付けてからご飯に移る方法でも大丈夫です。

 

ダイエット中にハンバーガーはどうする?

ハンバーガー

逆に食べる順番がわかりにくいのが、ハンバーガーなどのファストフードです。

メインの次に炭水化物の順番を考えると、中身だけ食べてからパンズを食べるというのは、少々面倒くさいですし、傍から見ると気になってしまいますよね(笑)。

また、サラダはともかく、フライドポテトなどのサイドメニューは、炭水化物なのか野菜なのか、迷う方もいるのではないでしょうか。

フライドポテトであれば、芋類なので炭水化物に該当するのですが、そもそもファーストフードは、パンズも含めて、炭水化物の摂取量が多いことも注意したいですね。

ファストフードが、ダイエットにふさわしくないというのは、食べる順番の観点からも言えることなのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

ちなみに、ご飯を食べる時は、塩や醤油などの調味料や梅干、漬物など、軽いものと一緒に食べると箸が進みます。

ダイエットで炭水化物は控えた方が良いと考えるなら、あえて何も味をつけずに食べ、『ご飯は味がしなくて飽きた』という感覚を自分で持ってしまうのも、1つの方法かもしれません。

心理的なダイエットになりますが、そうすれば炭水化物を食べ過ぎることは減りますよね。

また、あくまで普通の量での順番です。

いくら食べる順番が良くても、何杯もおかわりをするなど、食べる量が多すぎては、やはり太ってしまう点には注意しましょう!