ダイエットの天敵といえば、油ですよね。

カロリーもコレステロールも高いし、何より体脂肪としてどんどん蓄積されていきます。

普段運動をしない人にとっては、油の対処にも一苦労。

…のはずだったのですが。

なんと油こそ『ダイエットに良い』という説が出てきました。

これは、一体どういうことなのでしょうか?

今日は、油がダイエットに効果的?と言われていること、そして良い油の選び方について紹介していきます!

スポンサーリンク

 

油は人間に必要な栄養素!

オイル

油が体内に入ってできあがる脂質ですが、実は脳をはじめとして、細胞膜や血管、ホルモン、神経などを形作っているのです。

そもそもダイエット以前に、健康維持のためにも人間に油は必要なのですね。

 

人間に必要な油といっても種類はいろいろある!

全てが一口に”油”と、まとめられてしまっていることが、『油はダイエットの敵』とみなされる所以かもしれません。

油は、大きく分けると2種類存在し、それぞれ『飽和脂肪酸』と『不飽和脂肪酸』と呼ばれます。

ココナッツオイル
ココナッツオイル

飽和脂肪酸は、

  • 肉の油
  • ココナッツオイル

などが代表的ですね。

一方で、不飽和脂肪酸は、更に3種類に分けられ、

  • 『オメガ3』
  • 『オメガ6』
  • 『オメガ9』

と呼ばれています。

まずはじめにオメガ3は、ナッツ、青魚などに含まれる油です。

マヨネーズ

次にオメガ6は、サラダ油や大豆油、マヨネーズなどの油を指します。

そしてオメガ9は、菜種油とも呼ばれるキャノーラ油やオリーブオイルなどが該当します。

 

身体に良い油の種類とは?

これらの油のうち、特に人間の身体に必要なのが、オメガ3です。

オメガ3は『α-リノレン酸』と呼ばれる成分を含んでおり、オメガ3の油を優先的に摂取することで、血流が良くなって代謝がアップ、ウエストにくびれができるなどのダイエット効果が期待できるのです。

お肌が気になる女性

また、お肌をキレイにする美肌効果も備えているので、ダイエット時の肌荒れも防ぐことができるというおまけつき。

炎症を防ぐ効果を有しているので、シミや日焼けなどに、なりにくい肌を作ることができるのです。

更に、オメガ3の油は、体内に残りにくい性質なので、摂取のしすぎで逆に太ってしまう心配もありません。

このオメガ3の油、摂取することに関しては、まさにいいコトずくめですね!

ただし、オメガ3、及び『α-リノレン酸』の弱点としては、体内で生成することができない物質である為、必ず身体の外から摂取するしか、得る方法がありません。

加えて熱にも弱い(酸化してしまう)ので、ドレッシングとしてそのまま活用するなど、加熱しない方法で摂取するようにしましょう。

 

油を使った加熱調理をしたい時はどうすれば?

様々な効果が期待できる最も摂取すべき油であるオメガ3は熱に弱い…

でも、炒め物や揚げ物だって食べたいですよね。

もし加熱調理をするならば、ここはエネルギーを作り出す飽和脂肪酸や、悪玉コレステロールを退治してくれるオメガ9の油を使ってみましょう。

オリーブオイル
オリーブオイル

ちょっと炒める程度ならオリーブオイルやバター、揚げ物ならごま油やラードがおすすめです。

これらはオメガ3とは違って、熱を加えても酸化することがないので、油の成分をきちんと摂取できますよ。

しかし気をつけて欲しいのは、200度を超えた温度で長時間加熱すると、いくら熱に強いといっても酸化してしまうということ。

そこまで本格的な調理をすることは、一般家庭では少ないと思いますが、料理のレシピなどで『200度の油で揚げる』のような表記がある場合は注意してくださいね。

また、『飽和脂肪酸がエネルギーを作り出す』ということは、ダイエットには不向きな油ということもお忘れなく。

 

残ったオメガ6ってダメな油なの?

ここまでの話で気づかれた方も多いかと思います。

「なんでオメガ6の油は良いって書かないの?」

と。

考える女性

実は、オメガ6の油こそが、摂取を控えて欲しいダイエットの天敵なのです。

オメガ6の油には、『リノール酸』と呼ばれる成分が含まれており、こちらも人体には必要な成分なのですが、一方で摂取をし過ぎると身体に悪い成分でもあります。

太りすぎはもちろんのこと、健康を阻害する効果を発揮されます。

身体に摂取しないといけないとはいえ、市販の加熱食品(パンやお菓子など)は、このリノール酸を含んだ油を使っていることがとても多いので、普段から意識しなくても、きちんと摂取はできているでしょう。

なので、自分で調理をするならば、オメガ6以外の油を積極的に用いるようにすれば、大丈夫です。

調理済みの食品を購入することが多い場合は、リノール酸という表記に注意して、今日はいくつの食品で見かけたかなどをチェックしておくと良いですね。

 

おわりに

いかがでしたか?

筆者個人としては、オメガ6の油は、サラダ油やマヨネーズと、普段からよく使っている種類の油ばかりなのが悩ましいところです。

もちろん他の油に変更する、他の油と卵でマヨネーズを作るという選択肢もありますが、やはり面倒という気持ちもありますよね。

リノール酸は、身体に必要な成分でもあるので、例えばマヨネーズだけはリノール酸が入っているものを許容して、それ以外は成分表示をよく確認し、リノール酸のモノは除外するなど、製品のより分けをする必要がありそうです。

食べ過ぎ、油の摂り過ぎで太っている場合は、リノール酸の入ったものを避けるだけでも自然と痩せるので、その辺りに心当たりがある方は、ぜひ実践してみてくださいね!