真夏はもちろんのこと、春や秋でも時に暑い夜があると、誰しも熟睡できないものです。

夏場には、エアコンで部屋の温度を調節するのも良いのですが、タイマーが切れたら、再び暑くなって起きてしまったりします。

逆にエアコンを付けっぱなしでは、涼しいどころか、今度は寒くて眠れない人もいるかもしれません。

たとえ暑い状況でも寝られる人でも、何もしないでいると朝起きた時には、

パジャマや布団に寝汗がびっしょり…

という人もいるでしょう。

しかし、この寝汗をかくことが、実は熟睡できている証拠だと言うのです。

では、なぜ寝汗をかけば、熟睡になるのでしょうか?

今回は、

寝汗 = 熟睡

の理由を紹介していきます!

スポンサーリンク

熟睡する方法!汗の機能は体温を下げる!

汗をかくこと自体は悪いことではありません。

汗には、体温調節という人間として大事な役割があります。

暑い時に汗をかくのは、かいた汗によって

体温を下げるため

なのです。

就寝時に、これを当てはめるならば、暑くて寝苦しい夜を少しでも快適にしようと、身体が自然と汗をかいて、体温を下げてくれているわけですね。

ただ場合によっては、ストレスなどの精神的負担や自律神経に問題があるためにかく寝汗もありますが、それ以外は、生理現象なので問題ありません。

また、体温を下げることで基礎代謝を下げる効果も寝汗にはあります。

『基礎代謝が下がる』と聞くと、不健康やダイエットがしにくいイメージがあるかもしれませんが、ここでの基礎代謝の低下は

冬眠

に近い状態だと思ってください。

熊など冬眠する動物たちは、春までずっと寝ていられますよね。

あれは

基礎代謝を下げることで、眠り続けやすい状態

になっているのです。

冬眠動物ほどではなくても、人間も眠りやすい状況を作るために寝汗をかいているわけです。

夜中に起きてしまうことなく、朝までぐっすり眠れるのは、寝汗をかいているおかげなんですね。

 

熟睡の方法!冷房の効果は体表面だけ

「そもそもエアコンなどで涼しい温度にすれば、寝汗が出なくても問題ないのでは?」

そう思った人もいるでしょう。

しかしエアコンなどの冷房機器は、身体の表面にしか涼しさを与えてくれません。

たとえば料理をする時に短時間の加熱だと、具材の中まで火が通っていないことがありませんか?

これらは外側からの温度変化なので、中まで温度を通すには、それなりの時間がかかるのです。

エアコンによって、身体の表面だけを涼しくしてしまうと、汗も出にくくなり、結果的に、なかなか体温が下がらなくなってしまうのです。

よく見かける

『冷房機器の使い過ぎに注意!』

という謳い文句は、体内の温度調節が鈍くなってしまうからなんですね。

冬眠動物の例をとってもそうです。

彼らは冬の寒さで眠りにつくのではなく、基礎代謝を下げることで眠りにつくのですから。

 

熟睡の方法!夏場は特に水分補給を!

ここまでお話したとおり、寝汗をかくことは、非常に良いことです。

しかし、その分注意して欲しいことが、水分補給です。

もちろん寝汗も水分です。

寝汗をかいた分だけ、身体から水分が抜けていることになります。

寝汗の場合、

  • 少ない時でもコップ1杯程度
  • 多いとビール瓶1本分

にも相当する水分量が抜けていると言われています!

就寝前には、それだけの水分を身体に補給しておかなければいけないでしょう。

とくに朝方にパジャマや布団が湿っている、つまり寝汗が起きる直前に出ている人は脱水症状に陥る危険もあります。

就寝前に加えて、起床直後もしっかり水分補給をしてくださいね。

 

熟睡の方法!寝入り直後に汗をかく!

暑い時の汗ならともかく、寝汗に関しては就寝直後にかくことが多いとされます。

よくよく考えれば、基礎代謝を下げ続ける体温調節を、身体が行いっぱなしにする必要はありませんよね。

なので、寝入りばなに汗をかけるように、就寝前にはお酢のドリンクや生姜湯など、発汗作用のある飲み物も効果的です。

温かい飲み物ならリラックス効果も期待でき、より眠りやすくなります。

これはストレスで寝汗が出ている人にも、リラックス効果が抜群です!

 

熟睡の方法!その他のポイント

それでは、熟睡をするためのポイントとして、さらに熟睡する方法をいくつか見てみましょう。

寝汗には良い寝汗と悪い寝汗

があります。

この良い寝汗と悪い寝汗を見分けるには、どのような点に注目すればよいのでしょうか。

ここまでお話してきたとおり、誰でも睡眠している間には、ある程度の発汗があるのが正常です。

通常の成人では、ひと晩でコップ一杯程度の汗をかきますので、その程度の寝汗であれば、まったく心配する必要はありません。

しかし朝起きたら、

下着やパジャマがびっしょりだったり、夜中にパジャマや下着が汗で濡れて不快で目覚める

場合には、病気による可能性も考えられます。

また、通常の汗は、さらさらとしていますが、

ねばねばべとついた寝汗は要注意

です。

このねばついた寝汗は、汗に血漿成分が多く含まれるためで、起床時に妙な疲労感があるのが特徴です。

その原因は、自律神経の失調やホルモンバランスの崩れなどによるものが多いのです。

時には、甲状腺機能亢進症や結核といった病気の兆候の可能性もあるそうですよ。

たまには自分の寝汗に注意してみてみましょう。

 

さて、入浴の仕方には色々ありますが、汗腺を鍛える入浴法があります。

汗腺を鍛える入浴法

  1. 43~44度の湯を浴槽の1/3から半分くらい入れる。
  2. 手足浴をする。
  3. ぬるま湯を足し、浴槽の湯を36度ほどに下げる。
  4. 普通に肩まで湯に浸かって、10~15分ほど入る。

※手足浴は、四つ這いで、両手は肘から手先まで、両脚はひざから下まで10-15分ほどお湯につける

なお、入浴は寝る1時間前までに済ませるようにします。

寝る直前に入浴してしまうと、脳温と体温が共に上がった状態になります。

すると、身体が必要以上に寝汗をかこうとしますので、熟睡できなくなってしまうのです。

 

次に寝汗がひどいときの原因としては、

寝汗がひどいときの原因

  • 就寝前のアルコールのとりすぎ
  • 女性の場合は更年期、妊娠、生理などによる女性ホルモンの乱れ
  • 糖尿病
  • 自律神経失調症

などが考えられます。

いずれにしても、ひどい寝汗の場合は、まず医師の診察をしてもらいましょう。

 

熟睡のためには、

ツボ刺激でリラックス

する方法もあります。

手の甲側の親指と、人差し指の間の肉の厚くなった部分に、

『合谷(ごうこく)』

というツボがあります。

(このツボは、万能ツボとして有名です)

この合谷を挟むようにして、軽く刺激すると、精神をリラックスさせる効果があります。

 

寝る前のお酒は、寝酒などと呼び、お酒好きにとっては中々おいしいものです。

しかし、このお酒の飲み方にも注意が必要です。

お酒を飲んだ2~3時間後には、体内でアルコールが分解されて『アセトアルデヒド』という物質になりますが、この物質は人体にとって有害なため、人体は汗や尿として体外へ排出しようとします。

これが寝汗の原因の一つとなります。

そこで、就寝前のお酒の飲み方を紹介しましょう。

就寝前のお酒の飲み方

飲酒は、就寝の2~3時間前までとする。

以下のお酒の量を控える。

  • ビール 中瓶1本
  • 日本酒 1合
  • ウィスキー ダブル1杯(60ml)
  • ワイン 1.5杯(180ml)

このくらいの量であれば、睡眠中の寝汗への影響は少ないでしょう。

 

おわりに

暑いために汗をかくことは同じですが、そこには心地よく眠りにつくためのポイントが隠されています。

もちろん気温が暑くて寝られない夜は、熱中症を避けるためにもエアコンなどを使った方が良いです。

ただし、

  • 適度に汗をかけるように28度~29度の温度設定
  • アームカバーなどで、体表が冷えないように保護

といった冷え対策もあると、より快適な睡眠になりますよ。

ぜひ試してみてくださいね!